★入荷情報 MERCIER フランス製 1970s

1970年代のフランス車 MERCIER(メルシエ)です。

DSC_0016

DSC_0018

MERCIER というブランドは、日本での知名度は低いですが、
とても歴史のあるメーカーで、かつてはツールドフランスなどのレースでも活躍し、
プジョーとともにフランスのサイクルスポーツを牽引してきた存在でした。

この MERCIER はフレームもパーツも傷や錆がとても少なく、お宝発見!です。
これまで室内で大切に保管されていたのでしょう。
淡めのピンクのメタリックに、ラグのエッジにはさりげなく金色のライン。
「女子ウケ」も良さそうな、きれいなカラーリングですが、 MERCIER の伝統色です。

DSC_0038

DSC_0025

パーツは SIMPLEXの変速機、MAFACのブレーキ、MAVICリム、MILLARDフリー、
NORMANDYのハブ、SOLIDAの鉄コッタード、BELLERIのハンドルとステム と、
70年代のフランス車定番の構成です。

メンテナンスの様子を少しご紹介します。
基本的にはパーツをフレームから外して、それぞれを個別にきれいにして、
必要に応じてグリスアップや交換などしてから組み直します。

DSC_0006

DSC_0010

DSC_0012

DSC_0008

DSC_0019

DSC_0024

みんなきれいになりました! フレームも隅々までクリーニング。

フロント変速機は不調だったので、ほぼ同等品のデッドストックと交換。
リヤ変速機のプーリーの歯が1ヶ欠けていたので、このプーリーも新品に交換。
チェーンはフランス製のSEDISが付いていてせっかくキレイにしたのですが、
リヤの変速時にチェーンの掛りがイマイチ悪いので、
いろいろやった結果、チェーンをシマノのUDに交換して解決。

古いチューブラータイヤは廃棄、 リムセメントもキレイに除去しました。
今回はチューブラータイヤに慣れていない方の使用を考慮して、
リムセメントは使わずに、チューブラーテープでタイヤを接着しました。
ワイヤー類、バーテープは新品に交換しました。
インナーワイヤの切断端はハンダでバラケ対策しました。

カジュアルに、実用的に、楽しく乗れる1台に仕上がりました。
セカンドバイクやビンテージの入門にもいかがでしょうか?

なお、フレームサイズは、
シートチューブ約55.5cm(c−t)
トップチューブ約56.5cm(c−c)
です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です