Campagnolo C-RECORD 1993年型Cレコ

今回のネタは、おなじみのカンパニョーロ C-RECORD。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1993年型、Cレコのほぼ最終型と言っていいでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
リヤディレーラーはもちろん横型・ダブルテンション式です。
初期の縦型のような個性やレトロ感はありませんが、
この時期ならではのなめらかさとカタマリ感が持ち味ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
よいパーツの条件は、バラした姿が美しいこと?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
プーリーはボールベアリング式。
翌94年モデルからは、ブッシュ式にコストダウンされたようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
フロントディレーラーは、前年までのモデルと比べて、
プレートが内/外とも複雑なカタチにへこんだり膨らんだりしています。
もちろん変速性能を改善するためですね。その効果はまだ未確認ですが。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
美しいギヤクランクは、84年のCレコ発表時からほとんど変わっていません。
まさにCレコの「顔」ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
リアハブは8速のフリーハブです。
(よく見りゃフロントハブがレコードではなくコーラスでした。やられた。^^;)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ブレーキは93年の後半に追加デビューした、カンパ初のデュアルピボット式。
少しぽっちゃりで、他のCレコパーツとテイストがマッチしています。
開発当時、カンパの担当デザイナー(イタリアのオニイチャン)が、
「このボリューム感と曲面がセクスィーでーす!」
と、言ったとか言わないとか。(勝手なイメージです^^)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
エルゴパワーは、以前にブログで紹介した物が使える予定でしたが、
困った事に、親指レバーの動きが少し渋いです。使えないことはないのですが。
イジってもいまひとつ改善しないので、どうしようかなー、というところ。
8速のエルゴって元々こんなもの? いやぁ..んなわけないやろ。と思いたい。

—-
さて、
このカゴいっぱいのCレコ、どれもけっこう美品です。
でもさしあたって使い道は決まっていません。

..とか言いながら、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
このコとか、あのコとかで
組んじゃうとよさそうだな、というコンタンはミエミエですな。^^;
ご興味ある方はご一報を。

では

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です