COLNAGO Superissimo VELOCEほかパーツ入荷

90年代の COLNAGO Superissimo を

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
現行のカンパニョーロ・ヴェローチェで完成車にする件、推進中です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ということで、速攻で VELOCE 一式 と KHAMSIN 入荷しました。
ウチでは新品コンポをフルセットで入れるようなことは滅多にないので、
ちょっとワクワク。^^

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
コンパクトクランクを選ばなかったのは、アームが長い方がロードレーサーらしいから。
鉄のロードレーサーに似合うクランクは、もはや希少種ですね。
今後、VELOCE/ATHENA も CHORUS 以上のような4アームになったりしないか、心配です。
シマノも、せめてクランクのカタチをなんとかしてくれればなぁ…^^;

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
もっとワイドレシオ化したくなった時に余裕があるように、リアメカは”Medium Cage”を選択。
カッコよさ優先なら”Short Cage”なんですけどね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
エルゴはブラケットが絞られた握りやすそうな形状、”Ergonomics”ですね。
ツノが大きいと言うか、デコッパチと言うか、先端部分を握れるのも現代のトレンドですかな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
92年頃の最初期型エルゴとの家族写真。干支ひとまわり以上の年の差です。
形は変わっても、以外に「小さくはなっていない」と感じます。
その気になればもう少し小型化できそうなもんですけど、
もはや「エルゴにはこの大きさと形が必要」という設計思想なんでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ブレーキアーチの前面が「くぼんでいない」品が来ることを期待していたのだけれど、はずれた。^^;
2014年モデルを探せばよかったかな。ま、これはこれで。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ホイールは同じくカンパニョーロ KHAMSIN。
黒ですが、リムが浅めでスポークの張り方も普通っぽいのが、かえって良いです。
エントリーモデルとは言え、シリアスなレースを走るんでなきゃ不足はないでしょう。

完組ホイールには「ハズレ」もあると言われるけれど、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
センターも出ているし、リムの振れもなく、スポークテンションのバランスも良し。
これなら手直しする必要はない。
「よっ、さすがカンパだね!」
と言ってあげましょう。

カンパ以外のパーツも、こうなりゃばーっと新品を使います。^^;
そのほうが潔いでしょ。
シルバーのパーツで統一します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ヘッドパーツは BBB BHP-15 シールドベアリングです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハンドルバーは日東 NEAT M.185。(NEETじゃないよ)
古典的な形状です。リーチは82mmと短め。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ステムも日東 Dynamic。90mmとやや控えめな長さにしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
シートポストも日東 S65 。
現在、普通に買えるシートポストの中では一番のお気に入り。きれいでしょ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
タイヤは Vittoria OPEN CORSA SC。
フレームのビンテージ感を活かすためにアメサイドの物にこだわり、少し贅沢をします。
以前ご紹介した VELOFLEX のタイヤと同様に、オープンチューブラータイプです。

—-
現行VELOCE、かなりイイんじゃないでしょうか。
90年代のフレームと組み合わせても、全く違和感がないと思います。
できれば、もうちょっと細身だと、もっといいのにな。
兄弟子の ATHENA との価格差を考えると、コスパもいいと思います。

さぁて、さっそく組んでしまおっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です