Shimano DURA-ACE 7402 74デュラ

ひさしぶりにシマノ製パーツをメンテナンス。


90年代始め頃のデュラエース 7402番です。
分解した小パーツひとつひとつにも品質の高さが感じられます。


これまだ現役で使ってますよ、って方も結構いらっしゃいますよね。
名機だもの。

型番で 74xx のデュラエースは、
ひとまとめに「74デュラ」などと呼ばれることがありますが、
1984年の6速SIS(Shimano Index System)の7400番から
7401, 7402, 7403, 7410 と実に12年もの長期におよびます。
進化の早い時代でもあり、互換性にも注意が必要なので、
あまり「いっしょくた」にするのもどうかと思うんですけどね。

で、初めてリア8速になったのが 7402番 です。


この頃には最初のSTIレバーも登場するのですが、
当時まだ STI というものになじめなくて(値段も高かったし)
写真のダブルレバーを選択する人も少なくなかったと思います。


7402 のリヤハブは8速のカセット式です。
オーバーロックナット寸法は130mmに。
一見イマ風ですが、スプロケットはトップギヤねじ込み式で、
現行のシマノ製品とは互換性はありません。


7402 のブレーキは デュラエース最後のシングルピボット式
う〜ん、やっぱりシングルピボットが好き ^^
見た目は初期型の7400からほとんど変わりませんが、
引きを軽くするために SLR(Shimano Linear Response)を採用。
ブレーキ本体のバネを弱めると共に


ブレーキレバー側にもスプリングを追加するようになりました。
ワイヤーを上から出せないのが個人的にはちょっと残念。

なお、ブラケットフード(パッド)が少し白っぽくなっているのは


ゴムのベタつき発生を抑えるためにベビーパウダーを叩いているから。
ゴムパーツはスペアの入手が難しいので大切にしないと。

74デュラと同じ時期、カンパでは C-RECORD ですね。
シマノの SIS に対してカンパは SYNCRO、STI に対して ERGO と、
機能ではシマノの後をカンパが追う格好でしたが、
デザインでは C-RECORD(特にクランクやデルタブレーキ)は、
ちょっと他とは違う空を飛んでいた感じで。
お値段も相当高かったので、
お空を見上げても、私の視力ではよく見えませんでしたよ ^^;

では

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です