SCAPIN AIRONE 80年代エアロフレーム

SCAPIN スカピンのエアロフレーム “AIRONE” です。




1980年代前半頃のハイエンドモデルで、
コロンバスSLチューブをベースに独自の潰し加工が施されています。


トップチューブ両側面にはじわりと深い谷筋。




ダウンチューブ、シートチューブ、シートステイは水滴型の断面
極端なペッタンコには潰されておらず、



ラグとつながる付近は真円のままで、
通常タイプのラグを使った実績のある作り。


エアロタイプのシフトレバー直付台座で、
シフトワイヤーはもちろん内臓ですが、


ボトムブラケット部分はワイヤーを一旦外に引き出すことで、
ワイヤー交換時のメンテナンス性も考えられています。


ブレーキワイヤーを通す穴のフタ?のカタチもユニークですね。

ラグのエッジは薄くスムーズで、
ハイエンドモデルらしく、よく手間がかかっています。

エアロフレーム」というと、
見た目のインパクトを優先したような物も少なくないですが、
この AIRONE はそんなところがなくて、
エアロデザインとフレームとしての性能を両立させた
作り手のまじめさが感じらます。
そしてやはり美しいです。

これ、いいなぁ、ほしいなぁ
と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、
実はこのコ、ちょっとワケあり ^^;で、
残念ながら商品ではないんです。

なので今回は、
「世の中にはこんなのもありますよ」
というご紹介のみでご容赦ください。
期待させたらごめんなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です