PINARELLO ぴかぴかバイクを目指します

パーツ構成が未決だったピナレロ


何を悩んでいたかというと、
状態の良い綺麗なフレームなので、やはり綺麗なパーツを使いたいなぁ
と思うなかで、
価格は上がってもビンテージの美品パーツを付けるのか、
あるいは、現代の新品パーツを使ってより実用的にまとめるのか、
というところ。

で、結論としては、


現行新品の Campagnolo VELOCE ヴェローチェのフルセット
(もちろん全てシルバー品)を採用することにしました。

もうかなりのロングセラーになっている現行 VELOCE







カンパニョーロのいわゆるエントリーモデルですが、
デザインも仕上げもよいですよね。
機能的にも、楽しく乗るぶんには十分以上です。

オーセンティックなスチールロードに似合うのは、
やはり、アルミ地シルバーのパーツで、
そして5アームのスマートなクランクでしょう?
でも、ATHENA はシルバー品が姿を消し、
後継の POTENZA もかなりイマ風のデザインになってしまったので
いまや VELOCE は「最後の砦」になってしまいました。
いや、これも風前の灯火かなぁ…?

さて、
基本方針としてメインコンポ以外も新品を使います。


ホイールはカンパニョーロ KHAMSIN Asymmetric 。
(あえてG3組みではない方)
フレームのリアエンド幅は130mmになっているので、
現代の完組ホイールが問題なく使えます。
最初、シルバーのホイールを手組みしようかと思ったのですが、
パーツがすぐには揃わなくて。


ハンドルバーは NITTO M.185、ステムは吉貝 ENE CICLO
クラシックスタイルの物です。


ヘッドパーツは TANGE FL250C
綺麗なポリッシュ仕上げにシールドベアリング。


シートポストは80年代の DURA-ACE 7400
ここだけ中古ですが美品です。

これならまるで新車のような仕上がりになりそう?
しかも、なるべくお求め易い価格にする予定です。
ご期待ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です