サイクルモード2017 に行ってきました

日本最大級のスポーツ自転車の展示会、
CYCLE MODE international 2017 を見てきましたので、
ゆるくご報告を。


会場は千葉県の幕張メッセ。
11月5日の日曜日、展示会の最終日です。

入場すると、まずは


メジャーブランドのブースがお出迎え。
展示ブースの場所や規模には、その企業の勢力や意気込みが現れます。


DE ROSA ブースはさすがに立派でセンスがいい。
NeoPRIMATO や TITANIO の金属フレームの展示も充実していました。

PINARELLO ブースにかなりの人だかりが。


おー、クリストファー・フルーム選手のサイン会だぁ。
でも「人混み」と「並ぶ」のが苦手な私はこれ以上近寄らず ^^;

あちらこちらで、
そのスジの有名人らがトークショウなどをやっていたのですが、


全く下調べをしてこなかったので、たいがい見損ねてしまった ^^;

自動車メーカーからも


シックスホイールスタイル(自動車の4輪+自転車の2輪)
の提案として展示がありましたが、
モーターショーのようなコンパニオンさんはいませんでした ^^

大手の展示はいろんなメディアで紹介されるでしょうから
まぁこの程度にしておきます。

サイクルモードの公式サイトを見てもらうとわかると思いますが、
そぉりゃもう自転車に関わる、ありとあらゆる分野の展示があります。
バイクやパーツ、ウエア、用品などのメーカーはもちろん、
全国自治体の観光協会などが
その地域ならではのサイクリングコース、イベントや観光などを
アピールしているブースがかなりたくさんあったのが印象的でした。




すでによく知られているところも、まだこれからってところも、
観光客誘致と地域活性化に頑張ってます。
自転車での旅が楽しくなるような、こういう広がりは大歓迎です。

オイルやクリーナーなどのケミカル商品の WAKO’S が


チェーンやギヤのクリーニングを実演しているところ。
けっこうな集客で、メンテナンスに対する興味の高さがうかがえます。
ただ、実演は3分クッキング的な、かなりチャッチャとしたもの。
(状況的にこれは致し方ないですけど)
それでも、初心者の方にも「自分でメンテナンスやってみようかな」
と思ってもらえるといいですね。

ビンテージバイクでもユーザーの多い三ヶ島 SYLVAN ロードペダルは

PRIME SYLVAN というシリーズが登場し、
ボディがポリッシュされて高級感が上がっていました。
ベアリングも従来品より精度が良くなっているそうです。


SYLVAN NEXT という新シリーズも実物を確認。
メンテフリーのシールドベアリングで、ボディはアルミポリッシュ。
プレートは鉄製の様に見えますが、アルミにメッキとのこと。
ペダルの選択肢が増えたね!

今回、ちょっとニヤッとしたのはこれ。


高級バイクを室内で保管・鑑賞するためのケースだそうです。
究極の床の間バイク ^^; ですね。
いっそのこと、真空状態で永年保存とか、ゾウが踏んでも壊れないとか
そこまでイッちゃって欲しい。

さて、この展示会のウリでもある、最新バイクの試乗も盛況。


ちゃんと試乗できる機会なんてそんなにないですからね。
これが目的で来られる方も多いんでしょう。
でも、ワタシ的には順番待ちの行列に並ぶってのがちょっと…

この展示会には「ヴィンテージBIKEマーケット
というゾーンも(かなり地味にですが)あります。




ここはいわゆる「自転車フリマ」です。他のゾーンと雰囲気が違う。
TOKYO VINTAGE RIDE の出店ブースではマルコさんも接客 ^^

実は、当店も「ここに出店しませんか」と
サイクルモード事務局様から毎度お誘いを受けているんです。
当店を広く知ってもらえるよい機会になる、とは思いつつも、
どうもこの時期は絶妙に都合が合わなくて。
幕張メッセじゃなくてパシフィコ横浜だと近くて助かるんだけどな。

以上、こんなところで。