仕事納めの?オーバーホール

今年も残すところ、あとわずか。
私もそろそろ「仕事納め」したいところなのですが、
オーバーホール待ちのパーツが溜まっているので



まだまだねちねち作業しています ^^;


特にオールドカンパのペダルは人気があって、
完成車を購入される方の多くが「ペダルも」と言われるので、
すぐにご提供できるように用意しておかないと。

カンパペダルの魅力の一つは、その耐久性の高さ。
でも、それもやはり
「適切なメンテナンスがされていれば」
です。
時々、外観よりも内部(ベアリング)が痛んでいる物もあって、
(それでもけっこう良いお値段してたりして)
なんてこったい!ということもあります。

幸い、今回オーバーホールしたこのコは


外観よりも、かえって中身の方がコンディションが良いくらい。
よしよし ^^

お嫁に行った後、
次にメンテナンスされるのがいつか分からないので




グリスはたっぷり入れておきます。
これでさらにご長寿 ^^


Campagnolo SUPER LEGGERI 完成。
アルミプレートにスチールシャフトの物です。
プレート踏面にスレはあるものの、キズは少なめ。
もちろん回転はとてもスムーズです。

で、カンパ製ペダルには


カンパ純正トゥクリップビンダストラップがお似合い。


COLNAGO SUPER に付けてみました。
う〜ん、なんともしっくりきちゃうねぇ。
やっぱり、オシャレは足元から、かな ^^

====
年末年始どまんなかでも、お問い合わせは遠慮なくどうぞ。
実車の確認も可能です。事前にご連絡ください。

良い年をお迎えください

信州・美ヶ原高原で雪上車にのる

今回は自転車の話じゃありません
あしからず ^^;

先日、
信州長野県の美ヶ原高原、王ヶ頭(おうがとう)
という所に行ってきました。
標高約2000m。




天気にも恵まれ、冬の日本アルプスを見渡す絶景です。
富士山も彼方に見えました。

もちろん、ここまで自転車で走って登って
…なワケありません ^^;
ホテルの送迎バスでしかここへは行けないんです。

今回ここで、雪上車に乗せてもらいました。




こういう特殊車両ってかっこいい ^^
ちょっと年季の入った車体もシブいです。
MOLTENI ORANGE?


今年はまだ雪が少なく、
「キャタピラがかわいそう」
と運転手さん。
柔らかそうなところを選んで走らせていました。


運転席には「Yの字型」に生えた2本の白いレバーが。
運転手さんの操縦を見ていると、
左のレバーを引きつけると左に曲がり、
右のレバーを引きつけると右に曲がる。
ざっくりそんな感じ。
楽しそー、運転してみたい、深雪を爆走したい ^^


キホン、男の子は乗り物メカが好き ^^

さておき、冬の山はいいですなぁ。


夕景がとても綺麗でした。
夜、満天の星空もすばらしかったですよ。
寒いけど。

Campagnolo Nuovo RECORD 41T チェーンリング

先日完成した OLMO で採用した、



Campagnolo Nuovo RECORD41T のチェーンリング。
ご質問を頂いたので、詳しくご紹介します。


オールドカンパなどの BCDが144mmのロード用クランクでは、
インナーの最小歯数は通常42T が限界だとアタマにあるのですが
82年のカンパカタログをよ〜く見ると
Nuovo RECORD にだけ41T があります。
へぇ〜、って感じです。
でも75年のカタログでは42T からとなっているので、
後から密かに?追加されたもののようです。


42T でも、ピン穴の位置は崖っぷちギリギリですが、
それが41T になるとさらに厳しく


崖からカカトが出ていて、おっとっと、絶体絶命 ^^;
Super RECORD の細いギヤには41T が追加されなかったのは、
強度的に不安があったからかもしれません。

この41T は流通が少ないようで、
たまに見つけてもいい値段が付いていたりしますので
これはけっこうサービス品 ^^


精巧に切削されたアウターリングとの組合せも美しい!
このオルモちゃんのセクシーポイントになっていますね。


おぉ、セクスィ〜 ^^

OLMO Competition 1980s 完成!

お待たせしました。OLMO Competition 完成です!






プロポーション抜群で、立ち姿がとても美しいですね。
華やかさも上品さも併せ持っています。
ビンテージパーツもバッチル決まって EROICA READY!

リビングの一番いい場所に置いて眺めて、思わずニヤケます。
しかもサイズが私にぴったりなんですよねぇ。いやぁ困ったなぁ ^^;

こちら商品ページに完成車の写真をたくさん掲載しています。
ぜひご覧ください。

OLMO Competition パーツ詳細

完成車準備中の OLMO Competition


パーツが揃いましたのでご紹介します。

当初は Campagnolo GRAN SPORT フルセットで価格を抑えて…
と考えていたのですが、
フレームのグレードからするとやはり RECORD クラスが似合うなぁ
と思い直し、
結局、以下のような豪華な構成になりました。




ディレーラー3点セットは Campagnolo Nuovo RECORD
パリッと美品です。


ギヤクランクも Nuovo RECORD
インナーチェーンリングは


なかなか珍しい41T(通常、最小インナーは42T)。


アウターチェーンリングは見慣れないデザインですが、
Nuovo RECORD をベースにかなり削り込んだ物です。
これは超かっこいい!


シートポストも Nuovo RECORD。2本締めです。


ハブは Nuovo/Super RECORD。フロント32h、リア36hです。



ブレーキは Super RECORD


BBとヘッドパーツはフレーム入荷時に付いてきた GRAN SPORT
オーバーホールしてすでにフレームに取り付けてあります。


リムは MAVICMONTHLERY PROMONTHLERY ROUTE
例によって DTSwiss の新品スポークでホイールを組みます。


フリーホイールは REGINA ORO
パチパチと軽快な「音」が魅力です。
14〜24T の使いやすいギヤ比なのもいいですね。


サドルは San Marco CONCOR Supercorsa
当時物で表皮の状態も良好です。


ハンドルバーとステムは定番の 3ttt

Campagnolo Nuovo/Super RECORD をメインに
ヘッドとBBが GRAN SPORT  という構成になりました。
もちろん全てオーバーホール済みです。
その他も MAVIC, REGINA, CONCOR, 3ttt とビンテージ揃い。
これ絶対間違いないやつやん!」^^

完成までもうしばらくお待ちください。

★新着 OLMO Competition 1980s

OLMO オルモのフレームが入荷しました。




82〜83年頃の物と推定。
当時のハイエンドモデル Competition で、
細部まで丁寧に仕上げられ、ビンテージバイクの魅力が満載です。


この見事な美脚フォークもオルモらしいポイントですね。

サイズは
シートチューブが約545mm(c-c)
トップチューブが約545mm(c-c)です。

このコは完成車に仕立てて販売します。
パーツはフレームと同じ時代のカンパニョーロの予定で、
それでも価格は抑えめ…にまとめたいと思っています。
もうすぐクリスマスだし?

こちら商品ページに写真をたくさん掲載しています。
ぜひご覧ください。

MARASTONI あっというまにお嫁入り

先日、完成したばかりの MARASTONI ですが、



もう、あっというまにお嫁に行ってしまいました。
ゲットしたお婿さんは、
愛知県から遠路はるばるお見合いに来られて、
そのまま連れて帰っちゃいました ^^

あんなべっぴんさん、そうそうは見つからないですけど、
またがんばって探してみます!

======
すっごい蛇足ですが…
ウチの次男がこの MARASTONI を見て、
「この色、俳優の香川照之が好きそうだね
と、ニヤリ。
「あー、アレか」
と、私もニヤリ。

なにがアレなのかと言うと、
NHK Eテレ
香川照之の昆虫すごいぜ!
という番組。
一応、子供向けの教育番組のはずですが、
昆虫マニアだという香川照之さんが異常なハイテンション
昆虫よりも、香川照之すごいぜ!
という、ほぼバラエティ。
香川さんは特にカマキリが大好きだということで、
番組の中で精巧なカマキリの着ぐるみを着ていて、
その色が MARASTONI の黄緑とよく似ている
…というだけの話でした。

はい、どうでもよい情報でしたね ^^;
興味のある方はネットで番組が見られますよ。
http://www.nhk.or.jp/school/sugoize/