Campagnolo Nuovo RECORD 41T チェーンリング

先日完成した OLMO で採用した、



Campagnolo Nuovo RECORD41T のチェーンリング。
ご質問を頂いたので、詳しくご紹介します。


オールドカンパなどの BCDが144mmのロード用クランクでは、
インナーの最小歯数は通常42T が限界だとアタマにあるのですが
82年のカンパカタログをよ〜く見ると
Nuovo RECORD にだけ41T があります。
へぇ〜、って感じです。
でも75年のカタログでは42T からとなっているので、
後から密かに?追加されたもののようです。


42T でも、ピン穴の位置は崖っぷちギリギリですが、
それが41T になるとさらに厳しく


崖からカカトが出ていて、おっとっと、絶体絶命 ^^;
Super RECORD の細いギヤには41T が追加されなかったのは、
強度的に不安があったからかもしれません。

この41T は流通が少ないようで、
たまに見つけてもいい値段が付いていたりしますので
これはけっこうサービス品 ^^


精巧に切削されたアウターリングとの組合せも美しい!
このオルモちゃんのセクシーポイントになっていますね。


おぉ、セクスィ〜 ^^