Campagnolo RECORD ナメクジ進化論

古いカンパニョーロ・レコードのフロントディレーラー。


このプレートの形状から
ナメクジ」という愛称?が付いていることは
ご存知の方も多いと思います。

パンタグラフ式のナメクジちゃんは1960年頃から作られ、
基本設計をほとんど変えずに80年代前半まで作り続けられます。
その間、細かい仕様変更は何度もありましたが、
そのうちのいくつか、古い順にご紹介します。

残念ながら60年代の最も古いタイプは手元になくて、
冒頭の写真のは72〜77年頃の


本体のピボット受け部分が丸く出っ張った形になってからのもの。
通称「デベソ」と呼ばれるタイプです。
にしても、デベソのナメクジってひどいネーミング ^^;

77年頃以降は、


前プレートの先端にクボミというかフチが付くようになります。


これを「エクボ」と言う人もいますね。

この後、前プレートのロゴが「地球」から「」に変わり、
さらに前プレートに穴が開くようになります。


これは78年頃のもので、前プレートに穴が4つあります。
でもちょっとやりすぎたと思ったのか?


80年代には穴は3つになります。


Super RECORD
 も誕生しますが、
違いはパンタアームが黒くなっただけで性能差はありません。

その後、前プレートのロゴマークに「盾型の囲み」が付いて、
それが最終型だと思います。

84年に発表された C-RECORD では


プレートの穴はなくなり、エクボもなくなり、
ナメクジへ回帰したとも言えなくはない?

では、恒例の?親族で集合写真です。



あ、なんか生き物っぽく見えてきた ^^;

Nuovo RECORD & Nuovo GRAN SPORT

ああ、
私の目と鼻に装備された「超高感度花粉センサー」が
もうはっきりと反応を示しています。
またこの季節が来たか…

ま、それはさておき、


カンパ Nuovo RECORDNuovo GRAN SPORT
リアディレーラーを同時にオーバーホールをしましたので
これをネタに軽くヨタ話を。



上の写真手前が Nuovo GRAN SPORT で、
Nuovo RECORD の一つ下のグレードになります。
写真のNuovo GRAN SPORT は82〜83年頃のものです。

鉄プレス製のプーリーケージなどでややチープな印象を与えますが、
そこがなかなか味わい深い ^^
結構好きなんですよ、GRAN SPORT が。

さらに詳しく RECORD と比べてみると、





GRAN SPORT は各部の材質や仕上げなどでコストを抑えていますが
機械的なジオメトリは同じで、
全く同じ構成パーツを共有している部分もあります。
なので、実用的な性能差はほぼ無いといって良いでしょう。
すり切れたRECORDよりも、健康的なGRAN SPORTを私は選びます。

パーツに互換性があるので、
RECORD と GRAN SPORT のパーツをミックスした
妙な変速機を組んで遊んじゃってる方もたまにいますね。

せっかくの機会ですので、親族で集合写真を。



お、豪華メンバーですねぇ。

春色の PINARELLO はお嫁入り

新品ヴェローチェ組みの PINARELLO がめでたくお嫁に行きました。



季節を先取りしたような若葉色のかわいこちゃんでした。

お婿さんは実車を見に来られ、
試乗もされて、
サイズや乗り心地も気に入っていただけました。
もちろんこの爽やかな色も。
やはり実車を見てもうのが一番いいですね。

他にも美人さんが揃っていますよ。ぜひ会いに来てください!

C.B.T.Italia / RIH Super 完成しました!

お待たせしました!
C.B.T.Italia / RIH Super が完成しました!







しゅっとシャープなプロポーション。
きらきらのディープリムもさりげなく着こなしています。
どこへ連れて行っても目を引きそうな美人さんです。

乗ってみると、
見た目の印象と少し違い、以外にしっとりしていて乗りやすいです。
スムーズに加速して、少し早めの巡航速度へ誘われます。

メジャーブランドのバイクとはひと味違う魅力が満載です。
「このバイク、どこのですか?!」
って、しょっちゅう聞かれるのも楽しいですよ ^^
百聞は一見にしかず、ぜひ一度見にきてください!

こちら商品ページに完成車の写真をたくさん追加しました。
ぜひご覧ください。

C.B.T.Italia / RIH パーツ詳細

完成車準備中の C.B.T.Italia のパーツのご紹介です。


とてもきれいなフレームですので、パーツにも美品を使いたい。
でも、なるべくお求め易い価格にまとめたい…。

ということで、

メインパーツには90年代半ばの Campagnolo ATHENA を採用。








シフトレバーは右レバー(リア)が8速インデックス式です。
エルゴパワーよりも軽量でワイヤリングもスッキリしますね。

ホイールはインパクトのあるこれ、



リムは希少な Campagnolo ATLANTA 96 です。
堂々たるディープリムで、クリンチャーです。
振れ取りとスポークテンションのバランスも調整済み。



ハブは Campagnolo ATHENA 8速フリーハブです。


スプロケットは13〜26T
フロント52/39Tと合わせて、とても使い勝手の良いギヤ比です。


フロントディレーラーは CHORUS になります。


サドルは San Marco Rolls。デカールに合わせて黄色。
シートポストは SELCOF TEAM


ハンドルバーは NITTO NEAT M.185 新品、
ステムは NITTO NP(旧パールステム) 新品です。

美品パーツが揃いました。
フレームよりもパーツの方が全般的に若いですが、
バッチリ似合うと思います。
完成までもうしばらくお待ちください。

★新着 C.B.T.Italia 個性派フレーム入荷

また激レアなフレームを探してきました!

C.B.T.Italia というメーカーをご存知でしょうか?







C.B.T.Italia (Costruzioni Bici Tardivo Italia)
は、
イタリア・ピエモンテ州クーネオのハイエンドバイクメーカーで、
日本での知名度は低いのですが、
現在も魅力的なバイクを製造しています。

このフレームのデカールにある “RIH”
オーストリア・ウイーンの老舗スポーツバイクショップで、
C.B.T.製のフレームでショップランドバイクとしていた物になります。

さてこのコは、かなり特徴的かつ凝った作りで、スゴイです。


シートチューブにはタイヤのカーブに添わせた潰しがあり、


チェーンステイを短く切り詰めています。


さらに、チェーンステイはひし形断面に加工されています。
ひし形と言っても DE ROSA のそれとは違い、


切れ味のよさそうな独特な形状で、なんとも迫力があります。

そのほかにも
フォークブレードにも緩やかな潰しが入っていて、なまめかしい曲線。
ブレーキケーブルの内蔵や集合ステイも美しく仕上がっています。
個性的かつ手の込んだ作りには、作り手のこだわりが溢れてます

サイズは
シートチューブが約525mm(c-c)
トップチューブが約535mm(c-c)です。

こちらの商品ページでさらに詳細な説明と写真を掲載しています。
ぜひご覧ください!