Campagnolo RECORD ナメクジ進化論

古いカンパニョーロ・レコードのフロントディレーラー。


このプレートの形状から
ナメクジ」という愛称?が付いていることは
ご存知の方も多いと思います。

パンタグラフ式のナメクジちゃんは1960年頃から作られ、
基本設計をほとんど変えずに80年代前半まで作り続けられます。
その間、細かい仕様変更は何度もありましたが、
そのうちのいくつか、古い順にご紹介します。

残念ながら60年代の最も古いタイプは手元になくて、
冒頭の写真のは72〜77年頃の


本体のピボット受け部分が丸く出っ張った形になってからのもの。
通称「デベソ」と呼ばれるタイプです。
にしても、デベソのナメクジってひどいネーミング ^^;

77年頃以降は、


前プレートの先端にクボミというかフチが付くようになります。


これを「エクボ」と言う人もいますね。

この後、前プレートのロゴが「地球」から「」に変わり、
さらに前プレートに穴が開くようになります。


これは78年頃のもので、前プレートに穴が4つあります。
でもちょっとやりすぎたと思ったのか?


80年代には穴は3つになります。


Super RECORD
 も誕生しますが、
違いはパンタアームが黒くなっただけで性能差はありません。

その後、前プレートのロゴマークに「盾型の囲み」が付いて、
それが最終型だと思います。

84年に発表された C-RECORD では


プレートの穴はなくなり、エクボもなくなり、
ナメクジへ回帰したとも言えなくはない?

では、恒例の?親族で集合写真です。



あ、なんか生き物っぽく見えてきた ^^;