NISHIKI ニシキのマウンテンにサンツアー

いつもと違う趣のこれ。


カワムラサイクル NISHIKI
のマウンテンバイクで、
30年ほど前の物です。
クロモリフレームの前後サス無し。懐かしいですねぇ。


おじさんは NISHIKI と聞いただけでノスタルジー。


かつてはランドナーからスポルティーフ、ロードまで揃えた
人気ブランドでしたね。(写真は昭和52年の広告)
現在のカワムラサイクルは車椅子などを製造していますよ。

さて、
冒頭のマウンテンバイクは当店の商品ではありません。
ヤフオクに「箱入り未使用車」として出品されていたそうで、
落札された方から「組み立ててください」とのご依頼。
当初、
新車を販売している普通のショップに依頼しようとしたら
「歓迎されなかった」
そうで、
普通じゃない当店 ^^; へ持ち込んで来られたのでした。

箱入り未使用車なら
メーカー出荷時で8割くらい組み立て済みなので、
通常なら「チョチョイ」なはずなのですが、
さすがに30年も放っておかれたものは、
いろんな部分の油がカピカピに固まっていて ^^;
まともに動くようになるまでには結構手間がかかりました。
なぜかネジの欠品などもあったし。

ま、普通のショップなら、嫌がるかな ^^;

せっかくなので観察を。
メインのパーツはサンツアー XCD-6000 です。




マウンテンバイク用パーツには詳しくないのですが、
いかにもサンツアー、な感じがいいです。
アキュシフト(インデックス変速)はもちろんバッチリ決まります。


リアブレーキはアーチワイヤーの無い、
見慣れない構造のセンタープル方式。これも XCD-6000
個人的には、カンティレバーの方が扱いやすくて風情もあるのに
とか思っちゃう。ジジイだからね。


ハブはサンシン製、非シマノ連合のパーツ構成です。
リヤのエンド幅は126mmの6段ボスフリーってのは
当時のロードと同じです。

その他、ペダルは、ハンドルは、とこれまた懐かしい顔ぶれ ^^

オーナーさんはお若いのに


「新しいものより古いものに興味がいっちゃう
んだそう。
マウンテンもいいですが、次はロードレーサーはどうでしょう?
できれば、


こちらのディープな世界へ、イラッシャイマセ ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です