★新着 COLNER 1980s by COLNAGO

先日チラ見せしました
COLNAGO の姉妹ブランド COLNER コルナーです。
Nuovo/Super RECORD で組まれていたパーツは全て下ろし、
まずはフレームをきれいに整えました。






COLNER は、70年代に
「1つのブランドからは1つのプロチームにしかマシン提供できない」
というUCIルールがあったために追加されたコルナゴの第2ブランド。
ブランド名は創業者の名 ERnesto COLNago 由来と言われています。

このコは1982年頃のものと推定。
同時代の COLNAGO SUPER と同等の作りである事が見てとれます。
もちろんチューブは Columbus SL、エンドは Campagnolo 。

これで COLNERCOLNAGO, RAULER の


COLNAGO系三姉妹が揃う奇跡が!

パーツも完璧にオーバーホールして、完成車で販売します

フレームの詳細とたくさんの写真を
こちら商品ページに掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

★新着チラ見せ スペードのエースが出て…きました

新着速報チラ見せです。
さて、どこかで見たことあるような雰囲気?



あ、このスペード型の肉抜きは…


そう! 知る人ぞ知る?
COLNAGO の姉妹ブランド COLNER コルナーです。
(またレアなの仕入れちゃったね ^^;)

フレームはもちろんコルナゴ製で、
同じ時代の COLNAGO SUPER とほぼ同じ作りです。
チューブが Columbus SL、エンドが Campagnolo なのも同じ。


パーツは Campagnolo Nuovo/Super RECORD で


“COLNER”刻印パーツ
付きのフラッグシップ仕様車!

いつものように
完璧にフルオーバーホール&再構築してから販売します。
詳細については近日、あらためてご紹介します。
少々お待ちください。

Campagnolo VELOCE 90s 箱入りハブ

90年代中頃の Campagnolo VELOCE のハブが入荷しました。



おー、箱入り未使用品ですよ ^^

VELOCE はこの頃 ATHENA の下に新たに追加された
いわゆるエントリクラスのグループなのですが、
動きも仕上げも安っぽいところがなく、
ATHENA との差別化がはっきりしない感じです。
(これはある意味 VELOCE の伝統かな)

実際、
当時のスペアパーツカタログで確認してみると、


VELOCE と ATHENA のハブはほぼ同じものだとわかります。
さらに、
構成パーツの型番までよくみると、多くが”-RExxx“となっており、
これは最上位の RECORD のパーツが流用されているということ。

共通化により、コストを抑えつつ多品種化を実現している訳ですが、
これでは RECORD の「御威光」が萎えてしまいそう?
まぁ前向きに言い換えると、
下位モデルはとてもお買い得!!
ということになりますね ^^

さて、
今回入荷した「箱入りムスメ」はさすがにピカピカです。
なかでも最大の「萌えポイント」は、


スポークを一度も通したことがない、この初々しさ ^^

ただ、フリー部のラチェットが少々重かったので、


バラして新しいグリスに入れ替えました。
これはよくあることです。

ついでに8速スプロケットの「箱入りムスコ」をつけると


う〜ん、キラキラっすねぇ ^^
こりゃリムとスポークも新品で組みたい。

TOMMASINI 健康と美貌の秘訣(2)

銀色トマジーニのメンテナンス、続きです。

パーツのオーバーホールは完了。






どれもまだまだぜんぜん美品です。
ホイールは振れとスポークテンションを確認し微調整。
BB、ヘッド、ハブ、ペダルもスムーズで爽やかな回転に。

フレームも汚れを落として艶出ししました。
チューブ内部にも長期防錆オイルを注入。




あまりに綺麗なので商品みたいにグラビア撮影 ^^
映画「マレーナ」の頃のモニカ・ベルッチ級の美女です。
(これ、最上級の賛辞)
こういうのは、なかなか「もう一台」は見つからない…。

フレームにパーツを組み付けて、
チェーン、ワイヤー、ブレーキパッド、ブレーキレバーフード
バーテープは新品に交換しました。
以上でデトックスエステティック完了です!



う〜ん、艶っぽいですなぁ。
コンクール準ミス受賞時の美貌はまったく衰えていませんよ。

ルックスだけじゃなく、
もちろん各部の動作もシャッキリ&スムーズ。
これからも楽しく、バリバリ乗っていただけるでしょう。

オーナーさんがお迎えに来られました。


今年のエロイカ・ジャパンにはこのコで参加するとのことです。
頑張ってください!

RAULER Special 完成しました!

大変お待たせしました!
RAULER ラウラーが完成しました!






眩しいほどのべっぴんさん!
個性的かつ渋いオレンジメタのカラーも魅力的ですね。

メインのパーツは Campagnolo Nuovo RECORD
時代の雰囲気にこだわって、
70年代のパーツを多く使ってまとめました。

こちらの商品ページに完成車の写真をたくさん追加しました。
ぜひご覧ください。

TOMMASINI 健康と美貌の秘訣(1)

この、超べっぴんさんの TOMMASINI トマジーニ




2年ほど前に当店からお嫁に行き
その年の L’英雄現在のエロイカ・ジャパン)の
ヴィンテージバイクコンクールで準優勝!
という輝かしい経歴の持ち主です。

ついつい「床の間バイク」にしてしまいそうな美貌ですが、
オーナーさんはライドイベントなどにも積極的に参加され
このコでかなりの距離を走っています。
それでも十分キレイな状態を保っていて、
大切にされていることがよくわかりますね。

こうやってたくさん乗って可愛がってもらえると、
私も最高に嬉しいですよ ^^

で、今回は、全面的なメンテナンスのご依頼
ほぼほぼフルオーバーホールして、
この先もますます楽しんでもらえるように仕上げていきます。


早速、パーツをフレームから下ろしました。
もともと当店で組んだものなので、素性の良さは間違いなし ^^
おかえりなさーい、という気分です。

ともかく、
いつものようにネジの一本までバラして徹底的に洗浄。




内部の汚れもスッキリ落とす、いわばデトックスです。
ここまですることで、細かい不具合などが無いかまで確認できます。
洗ったあとは、長期防錆オイルや潤滑オイルを施します。


ベアリングやギヤ類の摩耗も少なく、特別な手当は必要ありません。
よしよし。
適切なメンテを続けていれば、オールドカンパはとても長持ちですね。
メンテナンスしながら永く使用されることを前提に作られているのも
オールドカンパの美点でもあります。

さて、続きは近日。

S.PATELLI 嫁入り支度でワクワク

凝った作りが魅力の S.PATELLI パテッリのフレームは



めでたく嫁ぎ先が決まりました。
かなりのレアものなので、もう次は見つからないかもしれません。

お婿さんは、
以前、当店から MONTAGNER をご購入いただいたリピーター様。


MONTAGNER
も相当に希少物件でしたが、
この S.PATELLI にまたピクッとしちゃったそうで ^^

メジャーブランドのバイクももちろんいいのですけど、
他の人が乗っていないもの
っていうのも魅力的ですよねぇ。
私も好きなんです、そういうの ^^

このあと、完成車に仕立てるお手伝いをします。
パーツ構成はお婿さんと相談中です。
どんなバイクにするのかで悩んでる時は至福の時ですよね。
存分に楽しみましょう ^^

RAULER Special パーツ集結

完成車準備中の RAULER のパーツが揃いました。


ストックの中から、似合いそうなパーツをチョイス。
オールドカンパ Nuovo RECORD を中心にまとめます。


クランクにはオシャレな彩色。76年製。




リアディレーラーは “PATENT-77” 77年製。
フロントディレーラーも70年代の穴なしタイプです。



ブレーキは70年代のクイック平レバーのロングアーチ品。
ブレーキパッドはカンパ純正の新品です。



フレームのヘッドラグとフォークがめっきなので、
ヘッドパーツもめっきの Nuovo RECORD キラキラで統一します。


ハブは70年代の平クイックレバー。


シートポストは70年代 Super RECORD 溝付き2本締め。

全てオーバーホール済みの美品揃いです。

カンパ以外もコンディションの良いビンテージ。


ステムとハンドルバーが 3ttt


リムはポリッシュした MAVIC Special Sport  でキラキラを増量。
DTSwiss の新品スポークでホイールを組みます。


ボスフリーは RGINA SYNCHRO 90 
14〜24T の多少の登りならがんばれる^^歯数です。

素晴らしいパーツが揃いました。
こりゃぁそうとうイイ感じに仕上がるでしょう ^^
完成までもうしばらくお待ちください。