Campagnolo VELOCE 90s 箱入りハブ

90年代中頃の Campagnolo VELOCE のハブが入荷しました。



おー、箱入り未使用品ですよ ^^

VELOCE はこの頃 ATHENA の下に新たに追加された
いわゆるエントリクラスのグループなのですが、
動きも仕上げも安っぽいところがなく、
ATHENA との差別化がはっきりしない感じです。
(これはある意味 VELOCE の伝統かな)

実際、
当時のスペアパーツカタログで確認してみると、


VELOCE と ATHENA のハブはほぼ同じものだとわかります。
さらに、
構成パーツの型番までよくみると、多くが”-RExxx“となっており、
これは最上位の RECORD のパーツが流用されているということ。

共通化により、コストを抑えつつ多品種化を実現している訳ですが、
これでは RECORD の「御威光」が萎えてしまいそう?
まぁ前向きに言い換えると、
下位モデルはとてもお買い得!!
ということになりますね ^^

さて、
今回入荷した「箱入りムスメ」はさすがにピカピカです。
なかでも最大の「萌えポイント」は、


スポークを一度も通したことがない、この初々しさ ^^

ただ、フリー部のラチェットが少々重かったので、


バラして新しいグリスに入れ替えました。
これはよくあることです。

ついでに8速スプロケットの「箱入りムスコ」をつけると


う〜ん、キラキラっすねぇ ^^
こりゃリムとスポークも新品で組みたい。