REGINA SYNCHRO ボスフリーの修理

お客様からボスフリーの修理依頼がありました。


REGINA SYNCHRO
6速。(この写真は修理後のものです)

使い込まれてガタが来たような物なら交換をお勧めするのですが、
これは箱入り未使用品で入手し、この春から使い始めたものでした。
走行中に突然ラチェットがガチッと固まってしまったそうで、
その後、一応動くようになったものの、どうもスムーズじゃないと。

で、ご依頼者さん立会いのもとフリーをバラしてみましたら、
(その時の写真を撮りそこねちゃったな)
なんと、トップ側のベアリングの鋼球が数個足りていませんでした。
緩んでいたわけでもないのに球が落ちることはないので、
メーカー製造時のミスだと思われます。

そのため、トップ側の鋼球は早々に痛んでしまい、


いくつかはパリンと割れていました ^^;
あちゃ〜、この破片がラチェットに挟まったかな。

こんなことも、タマ(球)にあるのね」というお話でした。

===
さて、


ギヤ板を含め完全分解、キレイにクリーニング。
幸いなことに、



他にダメージは見られないので、
鋼球を新品に交換、もちろん数も足して組み戻すことにします。


ロー側の球を少量のグリスで貼り付け、


慎重に外ボスをはめて、


トップ側に球を並べたら、


ポンチとハンマーでコンコーン。
走行中に緩まないようにここは逆ネジになっています。


ミッションオイルのお風呂にドボンと浸け、
中でグルグリ回して、オイルを内部に行き渡らせます。


余計なオイルを切ってスプロケットも付けて、復活です。

今回は修理したってほどの事でもなく済みましたが、
あのまま使っていたら、まもなく修理不能になっていたかも。

★新着 GRANDIS 1970s 極上フレーム入荷

希少な GRANDIS グランディスのフレームセットが入荷しました。
GRANDIS は、名メカニックで名匠ビルダーの Silvino Grandis氏が
1965年イタリア・ヴェローナで創業したハイエンドバイク工房。
日本では知る人ぞ知るブランドですが、超一級品です。







70年代中頃のものと推定。

名工の細やかな職人技がいかんなく発揮された工芸品です。
しかも、コンディションは抜群!


先端に向かってスーッと薄く仕上げられたラグに、
ぜひ「触って」みて欲しいです。
触っちゃったら絶対、ニヤけちゃいますよ ^^

サイズは
シート約530mm(c-c)、トップ約540mm(c-c)

こちらの商品ページにたくさん写真を掲載しております。
ぜひご覧ください。

このコは完成車を仕立てて販売します
お楽しみに!

暑中お見舞い申し上げます

暑中お見舞い…いや、
「命に関わる危険な暑さ」お見舞い申し上げます
厳しい暑さが続きますが皆さまいかがお過ごしでしょうか。
くれぐれも無理はなさらぬようお気をつけください。

私はといいますと、
やはりこの暑さにかなり萎えていますが、まぁなんとか。

このところちょっとバタバタしていて、
ブログやフェイスブックの更新をしばらくサボっていたら、
おい大丈夫か? 生きているか?
と心配してくださる方もいたりして…大変恐縮です ^^;
ちゃんと営業しておりますよ。

フレームセットで販売中の




このコらのどれか、完成車にしちゃおうかな…とか画策中。

もう少しすると、
70年代のコッテコテのビンテージバイクも入荷する予定です。
お楽しみに!

====
さて、こちら夏の湘南。
本日(7月22日の日曜日)の午前11時ころ、江ノ島の西浜です。


海の家(ビーチハウスっていうのか)がずらーっと並んでいますが、
これはもちろん夏の間だけ。

学校の夏休みも始まって最初の日曜日、家族連れで大盛況?

こちらは東浜。 う〜ん、さほどでもないか。

ぢゃ、えのすい(新江ノ島水族館)の入場口には大行列?


と、こちらもそんなことはない。


江ノ島へ渡る橋も、普段並みですね。

本格的なシーズンはこれから、かもしれませんが、
やはりこの猛暑でお出かけを控えている方が多いのか。
しょうがないですね。


でも、サーファーたちは楽しそう。


鵠沼寄りの海岸公園のデッキで日焼けに勤しんでいる方もいます。
私はもうそんな気になれないけどね。

できれば
8月は「平年並みの暑さ」でお願いしたいものです ^^;

★新着 DENTI 1990s フレームセット入荷

希少な DENTI デンティのフレームセットが入荷しました。
DENTI は60年代後半に活躍したロード選手 Mino Denti が興した
イタリア・ロンバルディア州ブレーシャのハンドメイド工房です。



このコは1990年代前半の生まれと推定。
チューブは Columbus THRON クロモリダブルバテット。
オーバーサイズ管の採用で剛性アップが図られています。


ヘッド周りは滑らかに仕上げられたラグレス、


シート部にはオリジナルのラグと集合ステイという個性的な作り。
自社工房で仕上げたペイントも実に美しいです。


やや先調子の美脚フォークも見逃せません。

サイズはシート約540mm(c−c)トップ約545mm(c−c)
写真の通りコンディションもとても良いですよ。

このコはフレームセットで販売します
フレームと同じ時代のパーツはもちろん、
現代の10s,11sコンポでより実用的に仕立てるのもよいですね。
完成車化もご相談ください。

詳細はこちら商品ページをご覧ください。
写真もたくさん掲載しています。