Campagnolo RECORD 円錐で直線でツルッとしたハブ

完成車準備中の70年代 GRANDIS のために用意した
Campagnolo RECORD のハブ。


70年代中頃のものと推定。
オーバーロックナット幅は5速対応の120mmです。

このところディレーラーやクランクの
製造時期に関する話を書いていましたので、
今回もそのセンでいきます。


いつものようにオーバーホール。


クイックは円錐型ナットフラット型レバー(直レバー)
どちらも78年以前の特徴ですね。
よく見ると、
レバーの“CAMPAGNOLO”の “C” の文字が大きく開いた形
(”U”を横にしたような”C”)
そのスジでは “Open C” と呼ばれている、より古いものでした。
好きな方には重要な萌えポイントですね。

ハブのロックナットには製造年の刻印があることが知られていますね。
このコの場合、


フロントが左右とも74年製、リアが71年と75年でした。
長い年月のなかで交換されている可能性もあるので、
これだけではハブ全体の年齢は断定はできないのですけど、
有力な情報ではあります。


玉押しのツヤツヤ具合も70年代以前の感じです。
私がカンパレコードのハブを初めてバラしたのは78年頃ですが、
玉押しの鏡面仕上げが眩しくて狂喜乱舞した記憶がありますね ^^

ハブボディの年代を探る特徴の一つは、
フリー取付けスレッドの規格が文字で刻印されているかどうか。


右の(今回の物)文字が何も無いほうが古いです。
刻印するようになったのが何年以降かははっきりしないのですけど、
70年代以前のはず。

で、このハブ、
コンディションも良くて、希少ポイントも高いので
GRANDIS での採用を決定。

じゃ、組み合わせるリムはどうする?
できればアルミポリッシュでキラキラのビンテージにしたいなぁ
ということで



NISI の70年代チューブラーリムを磨きました。
サイドのブレーキ面のギザギザ(ローレット)がレトロですね。
ブレーキをかけると「しゅー」って音がすると思います。
そのブレーキ面の磨耗具合から走行距離はさほどでもないようです。
ただしステッカーはレプリカです。

スポーク穴の補強アイレット(ハトメ)が無い時代のリムなので、


アイレット代りのワッシャーを使います。元々そういう物です。
これがなかなかめんどくさい作業で ^^;


DT Swiss
新品スポークで、慎重にホイールを組みます。


GRANDIS の完成をお楽しみに。