三世代乗り継いだ70年代ケルビムロード

ブログのネタが乏しいので ^^;
私の私物バイクの中で一番古いヤツについて書きます。
商品ではないのであしからず。



写真をお見せするのも恥ずかしいくらいボロボロ
今野製作所のケルビム CHERUBIM モデルR2

私がこれを手に入れたのは、かれこれ40年ほど前になります。
知り合いから中古を激安で譲ってもらいました。推定45歳
あちこち傷んでいるため、
散歩やお買い物といったユルい用途で余生を送っています
でも使用頻度は意外に高い ^^

が若い頃にバリバリ乗って乗り倒した後、
実家に置きっ放しにしていたら私の父親が乗るようになり、
20年以上も父の愛車として働いていました。
高齢により父が乗れなくなった後、私が引き取ってレストアすると
私の次男もこれに乗るようになりました。

なんだかんだで
三世代に渡り40年間ずっと乗り続けられています
 ^^

長い年月の間にパーツの多くは徐々に交換されて、
入手時から残っているのは




スギノマイティのクランクとシートピラー、日東パールGステムくらい。
ホイールも何度か入れ替わっています。


フロントフォークですらオリジナルではありません。
元々はフレーム同色でプレス製クラウンの物でしたが、
同じケルビム製の、より剛性が高いフォークに交換しました。
それも37年くらい前のことです。

で、このコ、最近ちょっと調子が良くない。
そろそろオーバーホールやホイールの組み直しも必要な状況です。
でも、私物をいじっている時間の余裕がなくて…。

もはや、わが家の歴史の一部?でもあるので、
「もう乗らずに保存してもよいかなぁ…」
と頭をよぎったりしますが、
「やっぱり乗れないのはつまんないよねー」
と思い直し、
まぁボチボチ直すことにしています。


こうなりゃいっそのこと、
私の(まだいないけど)にも乗せて、四世代継承! を目指します。
これ、ひいおじいちゃんも乗ってたんだよぅ
とか言ってみたいかも ^^

で、いつの日にか「付喪神(つくもがみ)」になってほしい ^^;