Campagnolo VICTORY ギヤクランク

先日オーバーホールをしたカンパニョーロ・ヴィクトリー。
まずは自転車の顔となるギヤクランクについてご紹介します。

前身の GRAN SPORT には


Road Group (BCD=144mm)


Touring Group (BCD=116mm)
の2種類がありましたが、


VICTORY
ではBCD=116mmのタイプだけになります。
チェーンリングは Touring Group を継承していますが、
クランクはかなり印象が変わりました。


角ばって力強い感じの GRAN SPORT 対し、
VICTORY は滑らかな曲面で、アルマイト処理でお肌もスベスベに。
特にこの角度からみると


「お〜、このスリムさ、Cレコ期だねぇ」
と感じます。

あと、GRAN SPORT との大きな違いは、


ワンキー・リリース式のクランクボルト
が採用されたこと。
コッターレス抜き工具を使わずに
アーレンキー(7mm)1本だけでクランクを抜く事ができるもので、
Cレコ RECORD のクランクにも採用されています。

仕組みとしては、


正ネジのセンターボルトの頭を覆うように、
フリーで回る逆ネジのロックリングが付いていて、
センターボルトを緩める(つまりボルトが外側へ出っ張ってくる)と、
ロックリングがそれを押さえ、クランクを抜く力が働きます。
(文章では説明が難しいね ^^;)

一見、便利そうなワンキー・リリースですが、
メカニックからはあまり歓迎されなかったのか、コスト高だったのか、
RECORDVICTORY 以外では採用されませんでした。

注意点としては
このボルトをクランクから取り外すには専用の工具が必要なこと。


もっとも、通常のメンテナンスでは取り外す必要はありません
本格的にOHするのでなければ、ボルトはクランクに付けたままでOK。

次回は変速機についてご紹介する予定です。
お楽しみに。

Campagnolo VICTORY グループセット

このところお天気もよくて、
サイクリングサイクリングやほーやほー♪ 日和でしたが、
私はせっせとパーツのオバーホール作業 ^^;


カンパニョーロ VICTORY ヴィクトリーのグループセットです。
あとハブとペダルがあればコンプリートなんだけどなぁ
という揃い具合。





上の写真は、分解、洗浄、防錆オイル塗布まで済んだところ。
ネジの一本まで、バラせるところは全てバラしてチェックします。
せっかく「ご縁」があって私のところへ来たのですから、
この機会に徹底的にキレイになって、健康になってもらいます。
この先、安心して長く使ってもらうためですね。

さて、いきなり組み上がりました ^^


こりゃ、すごくいい感じですねぇ ^^

この VICTORY というグループは、
1980年代中頃、Corsa RECORD いわゆるCレコと同時期に登場、
CROCE D’AUNECHORUS が登場する88年頃までの数年間、
RECORD に次ぐセカンドグレードでした。
GRAN SPORT の後継とも言えます。

これだけ揃っているのも珍しいので、
次回から話を分けて少し詳しくご紹介したいと思います。

VINER 1980s 完成しました!

お待たせしました!
80年代はじめ頃生まれの VINER が完成しました。





素晴らしいべっぴんさんに仕上がりました!
イタリアン・ビンテージならでは色気と風格。
本気のロードレーサーとしての走りもしっかり堪能していただけます。
これは絶対おすすめ!

サイズは
シートチューブが約510mm(c-c)
トップチューブが約525mm(c-c)。

価格や詳細はこちら商品ページをご覧ください。

VINER 1980s パーツ詳細

完成車準備中の VINER


ようやくパーツが揃いましたのでご紹介します。
大いに悩んだあげく、メインは
Campagnolo Nuovo RECORDGRAN SPORT のミックスです。









ギヤクランク、BB、ヘッド、ブレーキ&レバーは GRAN SPORT
変速機3点セット、シートポスト、前後ハブは Novo RECORD
ハブクイックもカンパ製ですが時代とモデルが混ざった組合わせです。
もちろん全てオーバーホール済み!

その他は


ステムは CINELLI 1A
バーも CINELLI Campione Del Mond


サドルは San Marco ROLLS


フリーホイールは Shimano 6s, 14〜24T


リムは NISI チューブラー
古いリムセメントをきれいに除去してポリッシュしました。
…と、簡単に書きましたが、たいへん手間がかかっています。
DT Swiss 新品スポークでホイールを…


組みました。
このキラキラを見れば苦労も報われます ^^

当初はもっとコストを抑えた構成にするつもりでしたが、
なんだかんだで、かなり贅沢な構成になりました。
だって、
「私、いい服しか着ないわよ。全部カンパにしてちょうだいっ
と、気位の高いVINER嬢がおっしゃるので ^^:

それでもなるべく抑えた価格にする予定です。
完成をお楽しみに!

★新着 VINER Special Professional 1980s

フィレンツェの老舗 VINER のフレームが入荷しました。






80年代はじめ頃の生まれの正統派イタリアンビンテージ。
丁寧な作り、そしてとても美しいプロポーションです。
いろっぽいですなぁ ^^

サイズは
シートチューブが約510mm(c-c)
トップチューブが約525mm(c-c)。
このサイズを待っていた方も多いでしょう?

このコは完成車に仕立てて販売します

パーツ構成は、
フレームと同時代の Campagnolo をメインに使いつつも、
お買い得感のある価格にしたいと悩んでいるところです。
ご期待ください!

詳細はこちらの商品ページをご覧ください。

EVEREST G.Caimi Castano ボスフリー

いきなり、バラバラになった状態で登場するボスフリー。


当初、ブログのネタにするつもりがなかったので
ちゃんと写真を撮ってなかった ^^;


EVEREST G.Caimi Castano 70年代イタリア製。
まずまずの使用感、金ピカ ORO はすっかり退色していますが、
オーバーホールして、まだまだ長生きしてもらいます。

EVEREST はフリーホイールやチェーンの専門メーカーで、
高級車によく使われていました。


スプロケットは全てねじ込み式
この6段モデルだとトップ側から4段までは正ネジ、
ロー側の2段は逆ネジでハブフランジ側からねじ込みます。

写真のように4段目のスプロケットがボスに残っている理由は、
これを押さえに使って逆ネジのロー側2枚を外すから。
4段目を外したい場合、ロー側の5段目ギヤを入れて押さえにします。
ちょっと説明が難しい ^^;

こういう全段ネジ式は旧い REGINA EXTRA なども同じ。
70年代以前に設計されたボスフリーではよくある作りです。


ネジ式スプロケッットは固く締まっていて取り外すのは力仕事
これに比べりゃ現代のカセット式なんて極楽です。

ちなみに、ハブからこのEVERESTフリーを取り外すには


REGINA の2爪用の工具が使えます。
でもこれもやっぱり力仕事

ところで、
内側ボスには、猫のヒゲみたいなのが2本生えています。


これはラチェット機構のツメをはね上げるバネ。
板バネやコイルバネを使うモデルもありますね。



こんな感じで、


外側ボスの歯車にツメを押し当てる役目を果たします。

ボールを新品に交換、カップとコーンの当たり面も少し整えてから
最小限のグリスを使って組み直し。

当店では仕上げに


粘度の高いギヤオイルのお風呂に浸けて、中でグリグリ。
オイルが内部に行き渡って、組み立て時のグリスも流れます。

浸み出してくる余分なオイルを拭き取って、
スプロケットを順番に締め込んだら完成です。


見栄えはちょいと渋いけれど、スムーズな動きが復活しました。
16〜26T という歯数は Eroica JAPAN の草津コース向きかも。

赤いコルナゴ・スーパーはお嫁に行きました

専門誌のグラビアを飾ってもよいくらい美しい COLNAGO SUPER



実車確認に来られた王子様に見初められて、
この度、めでたくお輿入れしました

レア物や変化球が多めな当店のラインナップの中では珍しく?
「直球ど真ん中」って感じのコでしたね。
末永く可愛がってもらえると嬉しいです。

以前「コルナゴ系美人三姉妹」と呼んで愛でていた



COLNER, COLNAGO, RAULER

これでみんなヨメに行ってしまいました。
また探して来なくっちゃね。とびきりのべっぴんさんを。

Shimano 600 三色アルテグラ

今回のネタは30年ほど前のシマノ、
Shimano 600 ULTEGRA グループセットです。


ULTEGRA” の名称が初めて付けられた6400系。









なめらかきれいなデザインですね。
実用的な性能や機能でも当時のデュラエースとほとんど遜色ない、
なのにリーズナブル。美味しいパーツです。


シフトレバーは7速SIS(Shimano Index System)
カキンカキンいう位置決め機構です。
後からSTIモデルも追加されますが、
この時代のSTIレバーはかなり重くてデカイので(エルゴもね)
8速までなら、ダブルレバーのほうが私は好きです。

ちなみに、このちょっと控えめな三色のマーク、


日本ではあまり話題になったことはないと思いますが、
海外では Shimano 600 “Tricolor” と呼ばれ
好まれていたようです。

さて、
ここまで揃っていて、コンディションも十分良いとなれば、
完成車にして使いたくなります。

なにを企んでいるかといえば



う〜ん、超いい感じですねぇ。

この DENTI フレームとの組み合わせなら、
20万円台前半で完成車がまとまりそう。
このまま組んじゃおうかって衝動にかられるぅ ^^