Campagnolo VICTORY ギヤクランク

先日オーバーホールをしたカンパニョーロ・ヴィクトリー。
まずは自転車の顔となるギヤクランクについてご紹介します。

前身の GRAN SPORT には


Road Group (BCD=144mm)


Touring Group (BCD=116mm)
の2種類がありましたが、


VICTORY
ではBCD=116mmのタイプだけになります。
チェーンリングは Touring Group を継承していますが、
クランクはかなり印象が変わりました。


角ばって力強い感じの GRAN SPORT 対し、
VICTORY は滑らかな曲面で、アルマイト処理でお肌もスベスベに。
特にこの角度からみると


「お〜、このスリムさ、Cレコ期だねぇ」
と感じます。

あと、GRAN SPORT との大きな違いは、


ワンキー・リリース式のクランクボルト
が採用されたこと。
コッターレス抜き工具を使わずに
アーレンキー(7mm)1本だけでクランクを抜く事ができるもので、
Cレコ RECORD のクランクにも採用されています。

仕組みとしては、


正ネジのセンターボルトの頭を覆うように、
フリーで回る逆ネジのロックリングが付いていて、
センターボルトを緩める(つまりボルトが外側へ出っ張ってくる)と、
ロックリングがそれを押さえ、クランクを抜く力が働きます。
(文章では説明が難しいね ^^;)

一見、便利そうなワンキー・リリースですが、
メカニックからはあまり歓迎されなかったのか、コスト高だったのか、
RECORDVICTORY 以外では採用されませんでした。

注意点としては
このボルトをクランクから取り外すには専用の工具が必要なこと。


もっとも、通常のメンテナンスでは取り外す必要はありません
本格的にOHするのでなければ、ボルトはクランクに付けたままでOK。

次回は変速機についてご紹介する予定です。
お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です