Campagnolo VICTORY シートポスト・ヘッド・BB

80年代のカンパニョーロ・ヴィクトリーの最終回。
シートポスト、ヘッドパーツ、BBについてです。

まずはシートポスト。


VICTORYエアロ形状、アーレンキーでの一本締め
Cレコ期らしいスムーズな造形です。


GRAN SPORT/Nuovo RECORD は古風な二本締めでしたから、
大きな変化ですね。
二本締めタイプは、使い方はちょっと面倒だけれど、
しっかり締め込めて角度は無段調整。
なによりあのカタチが好きなので、無くなったのは少し残念。

エアロ形状だとサドルを下げられずに困ることもあるので、
一本締めでも非エアロタイプのが欲しかったところです。

お次はヘッドパーツ。


スチール製のまぶしいクロームめっき。
ベアリングのボールはΦ3/16″のリテーナー付き。
GRAN SPORT はΦ5/32″のバラ玉でした)



左は Nuovo RECORD、右は VICTORY
見た目も中身も Nuovo RECORD の後継モデルと言えます。
スタックハイトもほとんど変わらないので、
Nuovo RECORD の代替品としても使うのにもいいでしょう。
クラシックなスタイルを残してくれたのは、ありがたいことです。

最後はボトムブラケット。


従来通りのスクエアテーパーとカップ&コーンですが、
軸長が短くなっています。
フロントダブル用の軸で、


Nuovo/Super RECORD, GRAN SPORTは 113mmか115.4mm
C-RECORD, VICTORY では109mmになりますので、
クランクとBBの組み合わせにはご注意を。

====
さて、
5回に渡って VICTORY のネタで引っ張ってきました ^^;
が、これで一応完結です。
ハブとペダルについては手元にないので、また次の機会にでも。

80年代半ば、C-RECORD でデザインが一新しましたが、
VICTORY はやや保守的というか、
オールドカンパのスタイルを残している部分も多々あり、
安心感のようなものがあるなぁ、とあらためて思いましたね。
完成車を仕立てる際になるべくまとめて使いたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です