Campagnolo TRIOMPHE オーバーホール

完成車準備中の F.MOSER


メインパーツ、
Campagnolo TRIOMPHE トリオンフを完全に分解バラバラ、
オーバーホールしました。


全部並べると、なかなか壮観です ^^







ご覧の通り、キズやスレも少ない上物です。
ちなみにステムは 3ttt RECORD で刻印付き。

で、仕上がりました。











きゃー、いいっすねぇ!!
しかも刻印パーツがたくさん!


クランクと前後ハブは84年製だとはっきりわかります。
他のもセット一式で同じ年でしょう。
84年は Moser がアワーレコードを樹立したまさにその年ですから


“51.151”の刻印には「熱い」ものを感じますね

ちなみに、Campagnolo TRIOMPHE は、
80年代のCレコ期初期のグループセットで、
RECORD > VICTORY > TRIOMPHE と3番目のグレード。
主に完成車メーカー向けに供給されていたため、
日本にはごく少量しか入ってきていないと思います。
「知らなかった」
「実物は見たことがない」
という方も多いのじゃないでしょうか。

で、お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、
先日詳しくご紹介した兄貴分 VICTORY とよく似ていますね。


これが TRIOMPHE で、


これが VICTROY 。
間違われることも多いですが、それも無理はないでしょう。

せっかくの機会ですから、
次回、VICTORY と TRIOMPHE の比較をしてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です