Gipiemme CRONO SPRINT 80年代パーツセット

一見、見慣れたパーツのオーバーホール風景。


でもカンパニョーロじゃありません。


Gipiemme
 ジピエンメ(昔はジピアメって呼んでました)
のパーツセットです。

Gipiemme は1964年創業のイタリアのパーツメーカー。
当初はカンパニョーロの下請けでもあったようですが、
80年代にはカンパのようにフルセットのコンポーネントを持つ
総合パーツメーカーにまでなりました。
現在も完組ホイールのメーカーとして存在します。

さて、手元にあるのは
CRONO SPRINT というグレードを中心にした80年代のセット。













部分的に BLACK 仕上げ、なかなかカッコ良いです。
「カンパのコピーだの安っぽいだの、言われたくない!」
というメーカーの心意気がうかがえます。

カンパより廉価なパーツメーカーというイメージが強いと思いますが、
存外しっかりした作りであることはOHしてみるとよくわかります。
特に気に入ったのはベアリングの品質の高さ。




この光り方をみれば、十分コストをかけてあるのがわかります。
まじめなメーカーです。侮ってはいけない。

ただ、カンパやシマノのような大企業ではないので、
全てのパーツを自社で開発、内製するのはやはり大変なんでしょう。
他社から調達したOEMパーツもあります。わかりやすいところでは


ブレーキレバーは Modolo 製。




リアディレーラーは Simplex SLJ6600 同等品です。
フランス製やん!
というツッコミが聞こえてきそうですが ^^;
変なものよりサンプレ製なら安心感がありますよね。

ステッカー張替えだけの安易なOEMかと思いきや、


裏側にはちゃんと “GIPIEMME MADE BY SIMPLEX” と刻印が。

この Gipiemme のセット、せっかく一台分揃っているので
いずれ、まとめて使って完成車にしたいですね。
結構レアですし、個性的な一台になるでしょう。

これでバイクを組みたい、パーツセットで欲しいなど
ご興味のある方はお問い合わせください