BOTTECCHIA Donna 1987 完成!

BOTTECCHIA スタッガード型のボッテキアは完成車になりました!






シュッとしたプロポーション。
小さなサイズであることをあまり感じさせないですね ^^





ガチなロードレーサーとは一味違う魅力がいっぱいですね。
老若男女問わず、楽しく、おしゃれに乗り回していただきたいです。
特に、小さいサイズをお探しの方はお見逃しなく。
ぜひ、実車を見にきてください!

価格や詳細はこちら商品ページをご覧ください。
写真もたくさん追加しました。

BOTTECCHIA Donna パーツ詳細

完成車準備中の BOTTECCHIA ボッテキア。


価格をなるべく抑えつつも安っぽくなく、
もちろんしっかり走れることを念頭にパーツ構成を検討。
ずいぶん悩んだ末にパーツは以下の通りとしました。

まず、メインパーツは80年代の Shimano 600EX です。


クランクはFC-6207。167.5mmと若干短いのが今回は好都合。
少しキズスレあり。


ブレーキは BR-6208。シューはシマノ製 R55C 現行新品を使います。


リアメカは RD-6208、フロントは FD-6400 (600ULTEGRA)。

悩みどころはシフトレバー。
このフレームのダウンチューブには、レバー台座ではなくて


シフトワイヤーのアウター受けが直付けされています。
元々はハンドルを握ったまた親指で操作できる「サムシフター」
が付いていたと思われます。
でも、サムシフターはクロスバイクやマウンテンバイクっぽいし、
ハンドル前方にワイヤーが4本行き交って少しウルサイので、
これを探してきました。


ステムに取り付けるダブルレバーです。
サンツアー製で未使用品。インデックス機構はありません。


こんな感じになります。
きれいに収まりますね。操作性も悪くないです。

ハンドルバーでも悩みましたが


オールラウンダーバーの中ではスポーツ走行向きの
日東 B206AA を選びました。現行新品です。

もっと曲がりが深くてグリップが手前に近づく形の物や、
アップライトな姿勢になるプロムナードバーにすると
ツーリング車や街乗り車の方向にこのバイクの性格が変わります。
オーナーさんの好みや用途次第ですね。

ブレーキレバーはダイヤコンペDC135、現行新品。
ステムはダイヤコンペ(Super COMPEブランド日東製かな?)です。

以上は国内メーカーのパーツでしたが、ホイールは欧州製です。


ハブは GALLI Maillard 製。
(イタリアGALLIとフランスMaillardのコラボ品、結構めずらしい)


リムは NISI Mixer クリンチャー。


ボスフリーは Marchisio イタリアの専門メーカー製です。
6速14〜25T と使いやすい歯数です。


ハブのグリスアップ、振れ取り、スポークテンション調整済みです。


ヘッドパーツは OFMEGA 製。元々このフレームに付いていた物です。


サドルは CYCLE PRO の現行新品。
女性向けに設計されたものらしいので選んでみました。
幅がやや広めでクッション性も高いです。

ちなみに


この見慣れないダボは、ダイナモの台座です。
タイヤのトレッドへ垂直に押付けるドラム型のはずなんですが、
残念ながら適合しそうな物が見つからないですねぇ。
とりあえず使いません。

現在、鋭意組み上げ中です。
完成までもうちょっと。

ミキストとスタッガードの違い

先日入荷した BOTTECCHIA スタッガード型フレーム


をご覧になったお客様から、
ミキストと、スタッガードは何か違うの?
という質問をいただきました。
同じ疑問をお持ちの方のために、基本的な特徴をご説明します。

ミキスト型は、
トップチューブの代わりに細い2本のセンターステーがあり、
これがヘッドチューブからリアエンドまで直接繋がるのが特徴です。



この写真の例ではセンターステーがカーブしていますが、
まっすぐな物の方が一般的です。
ミキストはフランス製の街乗り車やツーリング車によく見られますね。
ちなみに “Mixte” は「男女兼用」的な意味になります。

スタッガード型は、
トップチューブがシートチューブの中程に接続されるのが特徴です。
後ろ三角は一般的なダイヤモンド型と同様です。



日本ではいわゆるママチャリでおなじみの形ですが、
写真のようなイタリアンビンテージになると、まるで別物 ^^
ミキスト型よりシンプルな構造で軽く作ることもできますが、
それでもダイヤモンド型に比べると、
ラグが一つ多く、ヘッドチューブやトップチューブも長めになり、
チューブも肉厚の物を使うことが多いなどから
普通、少し重くなっちゃいますね。

男女問わず、
ガチなロードレーサーだけじゃなくて、
こういうのも一台、セカンドバイク的にあるといいですよね。

BOTTECCHIA Donna フレーム詳細

先日チラ見せしました BOTTECCHIA のフレームです。






1987年頃の物と推定。

このタイプのフレームは安っぽい作りの物が多いのですが、
このコは違います!


BOTTECCHIA
らしい肉抜きのイタリアンカットラグ


GIPIEMME
製のしっかりとしたロードエンド


なで肩クラウンにフォーク内股の補強板


滑らかな曲線のフォークブレードなど、作りの良さが魅力です。
ママチャリ風などと侮ってはいけません。

気になるサイズは、
BB芯からシートチューブ上端まで約485mm(c-T
小さいものを見つけてきました。

コンディションも写真の通り良好です。
しかもオリジナルペイントにオリジナルデカール!

詳細とたくさんの写真をこちら商品ページに掲載していますので、
ぜひご覧ください。

このコは完成車にして販売します
なるべくお求めやすい価格にしたいと思います。
お楽しみに!

★新着チラ見せ BOTTECCHIA Donna 1987

今回はメジャーブランドのフレームが入荷しました。


ビンテージファンならご存知の BOTTECCHIA ですが


ちょいとレアなスタッガード型のフレームです。
1987年頃のもの。

サイズは
BB軸からシートチューブ上端まで約485mm(c-T
小さいのを見つけてきました。
ホリゾンタルフレームではどうしても大きすぎる、とか
かわいい!のが欲しい、という女性にオススメしたいです。

もちろん男性が乗られてもOKです。

ただ、私くらいゴツいおっちゃんが乗ると
たぶんサーカスの熊みたいになっちゃう ^^;

詳細は近日、あらためてご紹介します。
少々お待ちください。

黒と赤の BIANCHI はお嫁に行きます

Black&Red のフレームカラーに、
美品の Campagnolo TRIOMPHE トリオンフで組まれた
ちょいと個性的なビアンキ嬢





この度、めでたく嫁ぎ先が決まりました

お婿さんは、爽やか好青年まだ大学生の王子様
(ビアンキの方が一回りほど年上の姉さん女房ですね)
たくさん乗ってたくさん思い出を作って欲しいなぁ。青春だなぁ。
おじさんも若い頃はね…  ^^;

ペダルも


TRIOMPHE
を付けて、嫁入り支度はバッチリ!
王子様のお迎えを待っています。

SCAPIN AIRONE ワケあり娘は看板娘に?

前回の続きです。
店用のワケありスカピンが完成しました!








おー、なんだか良すぎますねぇ。
これが商品にならないなんて、ちょっと複雑な気分です。

よく見りゃフレームもパーツも言い訳がたくさんあるのですが、
きちんと組んだので、もちろん乗るのに問題はありません。
それどころか、
「もっと踏め、もっと踏め、ゴーゴーゴー」
と、早めのスピードをバイクが要求してきます。
さすが SCAPIN です。
でも、本当はもっとのんびり乗りたい。


お天道様の下ではさらにキラキラオーラ出まくり。
駐輪場などに停めていていると、目立ちすぎるので心配です。


なぜかお馬さんの熱い視線も感じます。
乗りたいの?
いや、それはさすがに無理。




片瀬漁港(江ノ島の西側)からの眺めです。
こんな塩気の多いところに連れてくると、またサビが…。

さて、
「とりあえずの代車をちゃちゃっと組んじゃえ」
というノリで生まれたこのコですが、
調子に乗って、このまま当店の「看板娘」になってしまうかも?


おや、もう看板になってる ^^;

ワケあり SCAPIN AIRONE の生きる道

今回は商品についてではありません。あしからず。

とても魅力的な SCAPIN のフレームがあります。






エアロな仕様満載の80年代のハイエンドモデル
SCAPIN AIRONE です。

実はこのフレーム、当店へ来たのはずいぶん以前なのですが、
ワケあり」のため販売せずに放置^^; していた物です。

その「ワケ」というのは…


ぎゃぁ〜、トップチューブの下側に穴が空いてる!
ブレーキケーブルを通す穴から水が侵入して、
内側からサビが進行しちゃったんですね…。
コロンバスSLのこの辺りは0.6mmの薄さですから油断できません。

ほんっと、もったいない

これをきちんと直して再塗装まですると費用がかかり過ぎますが、
かといって、このまま放置しておいてもしょうがないので、
なにか活用できる機会を探していました。

で、先日、仕事の用事にもさんざん使っていた自家用車
先日ブログに書いたケルビム)が不稼働になり不便なため、
このフレームを使って
あり合わせのもので、代車をちゃちゃっと組んじゃう
ことにしました。

まぁ私がちんたら乗るぶんには問題無いし、
サイズもちょうどいいし ^^

パーツも、
コンディション等で「ワケあり」のをかき集めました。


一見、良さそうな感じのパーツですが…
たいていなにかしら事情を抱え、商品には使いにくい物です。
さらに、
タイヤ、スポーク、チェーン、ワイヤー等もなるべく中古を使い、
ケチケチ作戦!を徹底します。

商品じゃありませんが、完成したらブログで公開しますね。