TORPADO Condorino パーツ編

TORPADO のレストアを進めています。


今回はパーツについてご紹介します。

まず、リアディレーラーとシフトレバーは珍しいものが付いています。





GIAN ROBERT
ジャン・ロベルト製。
「聞いた事ない」という方もいらっしゃるかと思いますが、
イタリア Padova にあったパーツメーカーです。
フルコンポを擁する時期もありましたが80年代に廃業しました。
これくらいコンディションの良いものはコレクターズアイテムです。


ギヤクランクは TORPADO ブランドの鉄製コッタード。
スポーツ車らしい5アームデザインで、MAGISTRONI製っぽい?
チェーンカバーもスマートでいい感じです。



特徴的で超かっこいい Condorino バーは鉄製。
ステムとブレーキレバーは溶接され一体化されています。
サビ跡がちょっと目立ちますが、他には替えがたいですよ。


TORPADO
 印のベルがおしゃれですね。もちろんいい音で鳴ります。
こういうベルだけを集めるコレクターがいてもおかしくないなぁ。

ホイールは残念ながらかなり痛んでいて


御覧の有り様です。
鉄製リムですが歪みもあり、許容できないので組み直すことに。



たぶん70年代のARAYAの700Cアルミ製クリンチャーリムに交換。
雰囲気を壊さぬよう、高さのない古い形状のものを選びました。

 
足回りの軽量化(一本あたり約350g減)で軽快な走りに。



ハブは TORPADO ブランド。もちろんオーバーホールしました。

フリーホイールはメーカー不明の3速の物が付いていましたが、
使用感が妙に少なく、比較的最近に取り替えられた物のようです。
でもこれが問題児で ^^; ガタや偏心があり、使いたくないレベル。


OHしても改善せず、もともとの品質が悪いようです。
さてどうしましょ。
で、代打に選んだのが


EVEREST G.CAIMI
。本来は6速モデルですが、
2枚減らして4速にすれば問題なく使えることを現物あわせで確認。
人気の高級フリーなのでもったいない使い方な気もしますが… ^^;


ブレーキキャリパーは UNIVERSAL の鉄製。もはや古典です。
シューは雰囲気の合うもの(非純正)を探して使います。



サドルは TORPADO ブランドです。
座面の裏には「大リーグボール養成ギプス」的なバネ式クッション。
アップライトな姿勢で、これに「ドッカリ座る」乗り方になります。


小さなサドルバックが洒落ています。
ちょっとした工具セットなんかを入れる感じのものです。


泥除けは比較的きれいな状態です。
たぶん、オリジナルパーツだと思います。
これがあるのとないのとでは、ずいぶん雰囲気が違いますよね。

ペダルも雰囲気たっぷりなのが付いていて、


OHしてベアリングは問題ないのですが、
白い部分の劣化が気になるので「おまけ」だと思ってください。

なるべくオリジナルのパーツを残す方針で進めていますが、
タイヤ、チューブ、リムテープ、ブレーキシュー、ワイヤー類は
新品に交換します。

完成をお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です