ボスフリーのもったいないオバケ

旧車乗りにはお馴染みのボスフリー


駆動系のとても重要なパーツなのに、
内部まできちんとメンテナンスされることがとても少ない
気の毒なパーツでもあります。

普通に使っていてそうそう壊れるものではないですが、
古い製品はシールがなくて水や汚れが内部へ侵入しやすいので、
ギヤの摩耗など見た目よりも中身が痛んでいる事がよくあります。

明らかにガタガタになっているようならバイバイですが、
復活の見込みがあるコは、躊躇せずオーバーホールします。


内部に溜まっている汚れを一掃。


ベアリングのカップやコーンも少し磨いて、
必要ならボールも全数交換して、
「まだまだ元気に使えますようにっ」
と祈りながら組み直します。

そこまでしても結果イマイチなこともありますが、
できる限りの手は尽くさないと、もったいないオバケがでますから ^^;

ボスフリーを単体で仕入れる場合はなるべく未使用品を選びます。


綺麗だしリスクも低いですから。
でも、当然ながら、未使用品はお値段が高い…
ほどよい歯数構成の物はなおさらです。

ただ、未使用といえども古い物。
メンテナンスなしでそのまま使える…ということは少なくて、
劣化したグリスで動きが重かったりベタついていたりします。
なので


ディグリーザーのお風呂の中でにグリグリして古い油を落とし、
ミッションオイルのお風呂の中でまたグリグリして潤いを与える、
という処理は基本必要です。
それでもなお、感触が良くないようならバラして中身を確認します。

絶好調に戻してあげないとね、やっぱりもったいないオバケが…^^;

そんなこんなで、


ボスフリーのストックは「そこそこあるっちゃある」状況ですが、
この程度では「十分足りている」とは言えません。
スレッドの規格、段数、最小最大歯数、スタックハイトなど
組み合わせるハブや変速機などとの関係はややこしいですから、
いろいろ揃っていないと、いざという時困るんですよ。

★新着 BENOTTO 3000 1980s フレームセット入荷

BENOTTO のハイエンド Modelo 3000 のフレームが入荷しました。





80年代中頃のものと推定。おそらく84年製。

ハイエンドモデルらしい、よく手間のかかった美しい仕上がりです。


無駄を排したショートポイントラグ。
ラグの先端は薄く丁寧に削り込まれています。


BB底のハートマーク肉抜き


ひし形断面のチェーンステイ
などから濃厚なバラの香りがします。
DE ROSA デローザがフレーム製作に関わっていることは間違いないでしょう。


少し先調子の脚線美も見事ですね。

サイズは
・シートチューブ:約535mm(C-C)
・トップチューブ:約545mm(C-C)

価格や詳細はこちら商品ページをご覧ください。

このコはフレームセットで販売します
完成車化もぜひご相談ください。

Campagnolo Super RECORD & VICTORY オーバーホール

このところフレーム単体での入荷が続いているので、
このコらを完成車にするのに適したパーツの入荷やオーバーホールも
進めています。

先日入荷したのは、
まずは1985年頃の Campagnolo VICTORY 。






個人的にはけっこう好きなんですよね VICTORY
コンディションの良さそうなの見つけると、嬉しくて手が出てしまう。

それから1983〜85年頃の Campagnolo Super RECORD




ど定番ですね。
バラバラのままパーツを並べてみました。大した意味はありませんが ^^;




80年代以前のカンパ は、
シンプルな構造でメンテナンスしやすいのが素敵です。


リアディレーラーは83年製、クランクは84年製、
ブレーキはCレコ期初期の Cobalto チップ付きお洒落さん。



個別包装して作業完了。ストック棚で出番を待ちます。

他にも C-RECORDNuovo RECORDGRAN SPORT もあり、
ShimanoGipiemme などもストックがあるので、
お好みやご予算に応じて完成車化のご提案ができますよ。
ぜひご相談ください。

ストック棚に近づくと
早く使って使って!」というパーツたちの声が聞こえますので、
フレームセット販売を止めて完成車を組んじゃおうかな
という衝動に駆られ、ムズムズします ^^

★新着 激レアさん SERENA Brescia 1980s

激レアさん SERENA セレーナのフレームが入荷しました。

SERENA は北イタリアの都市ブレーシャにあった工房。
創業者ビルダー Piero Serena 氏の卓越したクラフトマンシップで
知られています。


写真の Vulcano(火山)のように吹き上がった炎はなんと炭火
まるで刀鍛冶のよう。
一般的なガスバーナーを使ったほうが作業性はずっと良さそうですが、
炭火を使う古い工法になんらかのメリットを認めていたのでしょう。
効率を追わず納得のいく仕事をする、職人としてのこだわりが感じられます。

さて、このコは80年代中頃のものと推定。








サイズは
シートチューブ:約495mm(C-C)
トップチューブ:約525mm(C-C)
なかなか見つからない小さいサイズ。
身長170cm以下の方にも適合するでしょう。

このコはフレームセットで販売します
完成車化もぜひご相談ください。

詳細はこちら商品ページをご覧ください。
写真もたくさん掲載しています。

BOTTECCHIA は婿入りしました

最近デビューしたばかりのスタッガードフレームの BOTTECCHIA



めでたく嫁入り…
新しいオーナー様は女性なので婿入りですね^^ しました。

試乗していただいて、
「もうちょっと小さいほうが」
とのことでしたので



ステムをもっと短く、


シートポストもギリギリまで下げられるものに交換。
「ずいぶん乗りやすくなりました」
と満足していただきました。

たくさん楽しんでくださいねー

★新着 SCAPIN Cromovelato 1980s

80年代の SCAPIN スカピンのフレームが入荷しました。








隅々まで丁寧な仕事、美しいディテールはさすがスカピン。

そして印象的なのは美しいメタリックペイントですね。
フルメッキのフレームに半透明の塗料を使う
Cromovelato クロモベラートと呼ばれる特別な塗装方法です。
クロモベラート特有の深い輝きに魅了されます。
これはぜひ実物を見にきて欲しい。

サイズは
シートチューブが約520mm(c-c)
トップチューブが約535mm(c-c)

このコはフレームセットで販売します。完成車化もご相談ください。

価格や詳細はこちらの商品ページをご覧ください。

SILCA IMPERO シリカフレームポンプの復活

シリカのフレームポンプ SILCA IMPERO です。



私も昔愛用していました。懐かしい。

IMPERO はカラーバリエーションが豊富だったので、
フレームとポンプの色を合わせるコーディネートが定番でした。
でも、いまや
カラーと長さ(フレームサイズに適合する長さ)が合っていて、
コンディションも良いものとなると、もうなかなか見つからない。

で、このオレンジのも御多分にもれず
バルブヘッドのゴム製シールが劣化して使えない状態でしたので


純正現行新品のスペアパーツを入手しました。



交換は簡単。差し替えるだけ。


内部の革製パッキンはまだ大丈夫そうですね。


おお、使える使える ^^
IMPERO(帝国)の復活じゃぁ!

フロアポンプのように高圧までスコスコ入るわけではありませんが、
ちっこい携帯ポンプよりはずっと使いやすいでしょう。


フレームと接触する部分には、キズ防止のテープを貼っておきます。
(綿のバーテープの切れ端です)

見ての通り、
先日完成した COLNAGO SUPER に色もサイズもマッチします。



いいですねぇ。ばっちりです。

ということで、このシリカポンプは、
オレンジのコルナゴスーパーを購入された方にプレゼントします!

COLNAGO SUPER にはスーパーなパーツを

完成車準備中の COLNAGO SUPER 1970s


このコのパーツが揃いました。


Campagnolo Super RECORD
ほぼフルセットです。
SUPER には SUPER ^^

フレームに合わせてなるべく70年代後半のものを選びました。


クランクは <8> 刻印の 78年製。


リアディレーラーは PATENT-78。この時期に多いアルミボルト品。


フロントディレーラーは Nuovo RECORD です。




ブレーキパッドはカンパ純正新品を使います。






きれいなのが揃いました。
もちろん、


オーバーホール済みです。

カンパ以外のパーツも鉄板ビンテージです。


リムは NISI チューブラー。スポーク穴のハトメが無い旧タイプ。
古いリムセメントを除去してポリッシュしました。
DTSwiss の新品スポークでキラキラホイールを組みます。


フリーホイールは EVEREST G.Caimi Castano 6s 16〜24T


ステムは 3ttt RECORD。ハンドルバーも 3ttt COMPETIZIONE


サドルは San marco CONCOR Supercorsa 状態の良い当時モノ。

完成までもう少しお待ちください。

★新着 COLNAGO SUPER 1970s Molteni Orange

70年代のコルナゴ COLNAGO SUPER のフレームが入荷しました。









ディテールから77年頃のものと推定。
“SUPER”らしい伝統的で実戦向きな作りですね。

サイズは
シートチューブが520mm(c-c)
トップチューブが535mm(c-c)

詳細はこちら商品ページをご覧ください。

このコは完成車にして販売します
お楽しみに!