BERTONI 1980s Columbus SLX

BERTONI 1980s Columbus SLX

この商品は完売しました

80年代のイタリアン・ハンドメイド BERTONI が入荷しました。
BERTONI は日本ではあまり馴染みがないブランドですが、
オーセンティックなロードレーサーの他、ディスクホイールのTTバイク、
VITUS製アルミモデルもラインナップしていた高級バイクメーカーです。

さて、このコは







まごうこかたなき上質なハンドメイドフレームです。
ディテールをよく見ていくと、さらにスゴイ。

チューブはコロンバスSLXです。
応力のかかるBB周辺のチューブ内側に補強リブを追加した、プロ御用達。


写真だと分かりにくいですが補強リブが確認できます。


チネリ・スーパーコルサなどでも使われる
チネリ製のスポイラーシェイプのBBシェル


カンパニョーロ製ロードエンド
どこを取っても第一級の部材を結集して作られています。
さらに、


ブレーキワイヤーの内蔵。


シフトワイヤーの内蔵。


フォークブレードには剛性向上のための潰し加工。
(ハムストリング部分がキュッと絞られています)


バックステーとフロントフォークのフルめっき仕上げなど、
手間もコストもしっかりかけた美しい仕上がりです。

BERTONI では "Violet Mist" と呼んでいた
菫色(すみれ色)メタリックのペイントがとても上品ですね。
シンプル&モダンなカラーリングは他ではなかなか見られない個性です。

これは当時のカタログ写真。


同じくSLXを使い、基本的な作りも良く似たフレームで、
Campagnolo Super RECORD で組まれたかなりの高級車ですが、
ワイヤー内蔵工作がなく、バックのめっきも右側チェーンステイのみ。
ウチのコはこれより更に上位のモデル、あるいは特注モデルでしょう。

サイズは
シートチューブが約500mm(c-c)
トップチューブが約520mm(c-c)
と希少な小さめです。

重量は実測(パーツなし状態)で


フレーム本体が2003g、フォークが586g、合計で2589gと軽量。

コンディションも写真の通り良好です。
オリジナルペイント&デカールにもかかわらず通常の使用によるキズが少し。
めっき部分は完璧とは言わないものの、経年の割には十分良い状態でしょう。
もちろんヘコミや歪みは見られず、BB内部などもとても健全です。
これはもっと乗ってあげなきゃもったいない!

【仕様】
フレーム:
・シートチューブ:約500mm(C-C)
・トップチューブ:約520mm(C-C)
・リアエンド幅:126mm
・ボトムブラケット規格:ITA
・シートポスト径:27.2mm
・チューブ:Columbus SLX
・エンド:Campagnolo カンパ製ロードエンド

この商品は完売しました

完成車になりました