Francesco MOSER 51.151 TRIOMPHE 1984

Francesco MOSER 51.151 TRIOMPHE 1984

この商品は完売しました

80年代中頃の Francesco MOSER が入荷しました。

ご存知の方も多いと思いますが Francesco Moser は、
世界選手権優勝、パリ-ルーベ3連覇、ジロ・デ・イタリア総合優勝、
アワーレコード51.151km/h樹立などで知られる70〜80年代のスーパースター。
まだ現役中の79年頃にフレーム生産を始め、
アワーレコード用のあの斬新なファニーバイクも自らの工房で作られました。

さて、このコは







質実剛健で正統派のロードレーサー。
特に奇をてらったところや派手なところはありませんが、
フォークやチェーンステイのめっきに丁寧に仕上げられたラグなど、
十分に手間がかけられていることがよくわかります。

推定年齢34歳、働き盛りです。


1984年の1月にアワーレコードを樹立、5月にジロ・デ・イタリアを総合優勝。
その直後の、勢いのある時代のものです。

サイズは
シートチューブが約525mm(c-c)
トップチューブが約540mm(c-c)

重量は実測(パーツ一なし状態)で

 
フレーム本体が2064g、フォークが720g、合計で2784gと十分軽量。
チューブは堅牢さや耐久性に優れた Columbus AELLE です。

オリジナルペイント&オリジナルデカールにもかかわらず、
小キズが少しあるくらいのとても良いコンディション。
めっき部分も十分に美しく、ヘコミや歪みは見られずBB内部なども健全です。

さて、このコは完成車になりました




シュッと美しい立ち姿は文句なし。
走りたくてムズムズしてる、健康優良アスリート系美女です。







メインパーツは Campagnolo TRIOMPHE トリオンフ。
アワーレコード"51.151"の刻印が熱い!
全てオーバーホール済み。ホイールも新品スポークで組み直していますから、
安心して長くお乗りいただけます。

パーツについては下記のブログで詳しくご紹介しています。
合わせてご覧ください。
TRIOMPHE オーバーホール
VICTORY と TRIOMPHE 兄弟比較
Francesco Moser パーツ詳細

【仕様】
フレーム:
・シートチューブ:約525mm(C-C)
・トップチューブ:約540mm(C-C)
・リアエンド幅:126mm
・ボトムブラケット規格:ITA
・シートポスト径:27.0mm
・チューブ:Columbus AELLE
パーツ:
ヘッド:Campagnolo TRIOMPHE
BB:Campagnolo TRIOMPHE
ギヤクランク:Campagnolo TRIOMPHE 170mm 53x42T ★刻印
リアディレーラー:Campagnolo TRIOMPHE ★刻印
フロントディレーラー:Campagnolo TRIOMPHE ★刻印
シフター:Campagnolo TRIOMPHE
ブレーキ:Campagnolo TRIOMPHE(シューはGRAN COMPE)
ブレーキレバー:Campagnolo TRIOMPHE
シートポスト:Campagnolo TRIOMPHE ★刻印
ハブ:Campagnolo TRIOMPHE
リム:AMBROSIO Montreal チューブラー
フリーホイール:REGINA ORO 6s 14〜24T
ステム:3ttt RECORD 90mm ★刻印
ハンドルバー:3ttt GRAND PRIX 410mm(C-C)
サドル:3ttt
ペダル:なし

この商品は完売しました