GIANNI MOTTA PERSONAL 1981

GIANNI MOTTA PERSONAL 1981

この商品は完売しました

1981年製の GIANNI MOTTA PERSONAL です。

GIANNI MOTTA ジャンニ・モッタは、
1966年のジロ・デ・イタリア総合優勝など輝かしい経歴を持つ往年のプロ・ロード選手で、
選手引退後フレームビルダーとなり、自らの名前を冠したブランドを興しました。
キヨ・ミヤザワのビルダー宮沢清明氏が、かつてこの工房で修行していた事でも知られています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
かなり特徴のある作りで、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
シートステイは通常とは上下逆、細い方を上に使い、
その細い部分を内側へ絞り込んで、短いブリッジで繋いでいます。
GIANNI MOTTA 独自の理論やノウハウがよく現れた部分です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
シフトレバーは、エアロポジションの直付け。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
リアブレーキとシフトのケーブルは内臓。
ワイヤー出しの穴も既成のフタを使わず、細い管を斜めにカットしてろう付けしています。
ラグも薄く丁寧に仕上げられ、よく手間をかけられています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
フォーククラウンはエッジの効いたオリジナルデザイン。
ロゴマークにもオリジナリティが光ります。

チューブは銘品 Columbus SL です。
重量は実測で、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
フレーム本体が1888g、フロントフォークが680g、合計で2568gと軽量。

さて、
同じ時代の Campagnolo Super RECORD で完成車になりました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
チネリの 1Rステムと Giro D´Italia バー、
REGINA CX ボスフリー、MAVIC GP-4 赤金ラベルリムと
コンディションも時代考証もバッチリ
パーツについてはこちらのブログでもご紹介しています。

【仕様】
フレーム:
シートチューブ:約565mm(C-C)
トップチューブ:約565mm(C-C)
・Columbus SL チューブ
ギヤクランク:カンパニョーロ Super RECORD, 170mm,53x42T
ブレーキ:カンパニョーロ Super RECORD
ブレーキレバー:カンパニョーロ Super RECORD
リアディレーラー:カンパニョーロ Super RECORD
フロントディレーラー:カンパニョーロ Super RECORD
シフター:カンパニョーロ RECORD
ハブ:カンパニョーロ RECORD SF,36h
シートポスト:カンパニョーロ Super RECORD
ヘッドパーツ:カンパニョーロ Super RECORD
リム:MAVIC GP-4 赤金ラベル チューブラー
スプロケット:REGINA CX 13〜23T
ステム:CINELLI 1R 105mm
ハンドルバー:CINELLI Giro D´Italia 400mm(c-c)
サドル:SELLE ITALIA TURBO 1980

この商品は完売しました