ROSSIN 1980s 真っ赤なロッシン

ROSSIN 1980s SLX

この商品は完売しました

ROSSIN ロッシンは、
コルナゴでチーフビルダーとして腕を磨き、メルクスの車も担当した名工、
Mario Rossin マリオ・ロッシン氏が興した工房で、イタリアの名門ブランドです。

このフレームは1980年代後半の、まだマリオ自身が関わっていた頃の物です。
(その後、ROSSINブランドは人手に渡っています)
鮮やかなイタリアンレッド。
そしてROSSINの代表的なペイントパターンです。
ROSSINオリジナルのBBシェルやラグ、フォーククラウンなどには刻印。
チューブは名品コロンバスSLX。
走る気満々!な雰囲気におもわずニンマリします。^^

ただし....
フレームには塗装のタッチアップがたくさんあります。
チェーンステーのメッキにも広く傷みが見られます。
しかしながら、
ヘコミや歪みは見られず、エンドの平行性も芯も出ています。BBシェル内部もきれい。
なんの不安もありません。

パーツは、
カンパニョーロCレコ期の「初代コーラス」がほぼフルセット!
シフトレバーだけカンパのビクトリー。
ハンドルとステムは 3ttt。
サドルは Sella Italia。
リムは、イタリア FIR、700cクリンチャーです。
全体的に使用感はありますが、一点一点メンテナンス済みです。

ブログでも詳しく紹介していますので、あわせてご覧ください。

【仕様】
フレーム:
 シートチューブ約560mm(C−C)
 トップチューブ約560mm(C−C)
 シートポスト径:27.2mm
 リアエンド幅:126mm
 ボトムブラケット規格:ITA
 ヘッド規格:ITA
 エンド:カンパニョーロ製ロードエンド
ギヤクランク:カンパニョーロ 初代コーラス, 170mm, 52x39T
リアディレーラー:カンパニョーロ 初代コーラス
フロントディレーラー:カンパニョーロ 初代コーラス
ボトムブラケット:カンパニョーロ 初代コーラス
前後ハブ:カンパニョーロ 初代コーラス
ブレーキレバー:カンパニョーロ 初代コーラス
ブレーキ:カンパニョーロ 初代コーラス
シートポスト:カンパニョーロ 初代コーラス
ヘッドパーツ:カンパニョーロ 初代コーラス
シフター:カンパニョーロ ビクトリー
ハンドルバー:3ttt GRAND PRIX 400mm
ステム:3ttt STATUS, 105mm
サドル:セライタリア TRANS AM MAX
前後リム:FIR EU90, 700c クリンチャー
フリーホイール:サンツアー ニューウイナー, 6s, 14〜21T
チェーン:シマノ HG71 新品
前後タイヤ:Panaracer RACE L Evo2 新品
ペダル:なし

この商品は完売しました