SCAPIN Record 1970s

SCAPIN Record 1970s

希少な SCAPIN スカピンのフレームセットです。

SCAPIN はイタリア北部の町 Piove di Sacco にて1957年に創業した
ハイエンドロードバイクの専門メーカーで、現在も経営を続けています。
日本では知る人ぞ知るといった存在ですが、
洗練されたスタイルと作りの良さで愛好家からの人気も高いブランドです。






このコは、刻印や肉抜き、デカールなどもクラシカルなデザインで、
SCAPIN としてはかなり希少な1970年代末頃の生まれと推定。
色は真っ赤ではなく、ちょっと朱色です。


この、かなり風通しの良いBBの肉抜きも時代を感じさせます。

SCAPIN のビンテージは人気があり数も少ないのですが、
運良く見つけたとしても、その多くは80年代以降のもの。


この白いコのように比較的モダンな造りやデザインですね。
なので、今回の赤いコはかなり珍しいです。


でも、スプーン型のシートステイキャップとここの刻印の書体は同じで
血統は受け継がれています。

リアディレーラーのケーブルはチェーンステイ内部を通します。


BB下付近から入れてチェーンステイの上側へ出すのも SCAPIN らしい工作。
チェーンステイ内に細い管が通っているのでケーブル交換も簡単です。

細部に凝った造り、丁寧な仕上げはさすが SCAPIN!

さて、気になるサイズは
シートチューブが約475mm(c-c)
トップチューブが約495mm(c-c)
と、かなり特別な極小サイズ
それでもトップチューブが水平なホリゾンタルデザインなのが素晴らしい!


スタンドオーバー(地上からトップチューブ上まで)は約735mmです。
適合ホイールサイズはもちろん前後共700Cですよ。

重量は実測(パーツなし)で

 
フレーム本体が1717g、フォークが607gトータルで2324g
サイズが小さいというのを差し引いても、かなり軽量な部類。
チューブはもちろん名品コロンバスSL、エンドは前後共カンパニョーロ製です。

コンディションは
通常使用による小キズ小サビがそれなりにありますが、さほど目立つ物はありません。
もちろんヘコミや歪みは見られず、


大きな肉抜きにもかかわらず、BB内部もとても健全です。

【仕様】
フレーム:
シートチューブ:約475mm(C-C)
トップチューブ:約495mm(C-C)
・リアエンド幅:126mm
・ボトムブラケット規格:ITA
・シートポスト径:27.2mm
・チューブ:コロンバスSL

このコはフレームセットで販売します
完成車化もご相談ください

希少なモデルで、しかも希少な小さいサイズです。
トップチューブも十分短いので身長160cm未満の方にも適合すると思います。
このサイズをお探しの方は、お見逃しなく!
ぜひ実車を見に来てください。

価格: ¥108,000 (フレーム+フォーク)

※ ご注文の際は、こちらの注意事項等を必ず事前にご確認ください。
※ 配送をご希望の場合は、送料をお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名(商品名など)

メッセージ本文