SERENA Brescia 1980s

SERENA Brescia 1980s 495mm

とても希少な SERENA セレーナのフレームが入荷しました。

SERENA は北イタリアの都市ブレーシャにあったレーシングバイク工房。
創業者 Piero Serena 氏の卓越したクラフトマンシップで知られています。


いかにも「職人」というシブい風貌。憧れます ^^
写真の Vulcano(火山)の様に吹き上がった炎は、なんと炭火です。
まるで刀鍛冶のよう。
他の工房のようにガスバーナーを使ったほうが作業性はずっと良さそうですが、
炭火を使う古い工法になんらかのメリットを認めていたのでしょう。
効率を追わず納得のいく仕事をする、職人としてのこだわりを感じます。

一流選手からの信頼も厚く、
1986年のジロで LeMond、Moser、Saronniら強豪を抑えて総合優勝した
Roberto Visentini にもフレームを提供していたようです。
残念ながら90年代に廃業したため SERENA の流通はとても少なく、
コレクターからも高い評価を受けています。

さて、入荷したこのコは




80年代中頃のものと推定。
特別凝った工作や派手な装飾は抑えたオーセンティックな作りですが、






肉抜きのデザイン、シートステイ上端の処理などに個性を見せます。


なにしろ脚線美にうっとり ^^
少し大きめアールの滑らかなカーブです。

サイズは
シートチューブ:約495mm(C-C)
トップチューブ:約525mm(C-C)
と、小さいにもかかわらず、バランスの良いプロポーションです。
身長170cm以下の方にも適応するでしょう。

重量は実測(パーツなし状態)で


フレーム本体が1758g、フォークが564g、合計で2322gとかなり軽量。
チューブは名品 Columbus SL です。

コンディションは
小キズやタッチアップは散見されますが、めっき部分は十分にきれい。
経年をからするとまずまず良好と言えるでしょう。
もちろんヘコミや歪みは見られず、BB内部など見える範囲のチューブ内側も健全です。
ぜひ実物でご確認ください。

とても希少な SERENA の、さらに少ない極小サイズです。
この機会を逃せば、もう二度と手に入らないかも。

このコはフレームセットで販売します
完成車化もぜひご相談ください。

【仕様】
フレーム:
・シートチューブ:約495mm(C-C)
・トップチューブ:約525mm(C-C)
・リアエンド幅:126mm
・ボトムブラケット規格:ITA
・シートポスト径:27.2mm
・エンド:カンパニョーロ製ロードエンド

価格: ¥108,000(税込)(フレーム本体+フォーク のみ)

※ ご注文の際は、こちらの注意事項等を必ず事前にご確認ください。
※ 配送をご希望の場合は、送料をお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名(必須 商品名など)

メッセージ本文