TORPADO Condorino 1960s

TORPADO Condorino 1960s

TORPADO トルパドのスポーツ車のレストアが完了しました。

TORPADO は1895年創業。イタリアで最も古い自転車メーカーの一つ。
創業者の名 Torresini と創業の地 Padua がブランド名の由来です。
現在も主にMTBやシティーサイクルなどを製造しています。

さて、このコはかなりクラシック。







60年代末ころ
のものと推定。50歳くらいですね。
レトロな雰囲気なのに、立ち姿がシュッとしてらっしゃるのが素敵です。

一般にこのタイプの自転車は安っぽいのも多いのですが、
このコは違います。



凝った造形のラグはめっき出し。



ブレーキおよびシフトワイヤーの内蔵など手の込んだ豪華な仕様です。

パーツはもちろん全てオーバーホール済み


しかも TORPADO ブランドのオリジナルパーツがたくさん含まれます。


ギヤクランクはスポーツ車らしい5アームデザイン。


コンドルは飛んで行く感じの Condorino コンドリーノ型のバーには
ステムとブレーキレバーが溶接されています。


ディレーラーは珍品級のレア物 Gian Robert ジャン・ロベルト製。


ホイールはすっかりヨレていたので、アルミ製リムで組み直しました。

パーツについてはブログでも詳しく紹介しています。
TORPADO Condorino パーツ編
あわせてご覧ください。
なお、タイヤ、チューブ、リムテープ、ブレーキシュー、ワイヤー類は
新品に交換しました。

サイズは
・シートチューブ:約545mm(C-C)
・トップチューブ:約560mm(C-C)
少し大きめに見える数値ですが、
ハンドルのグリップ位置がかなり手前で、サドルも低めにセットして
アップライトな姿勢で乗るためロードレーサーとはサイズ感が違うと思います。
ぜひ実車でご確認ください。

コンディションは
オリジナルペイントにオリジナルデカール、オリジナルパーツも多く残っていますので、
キズなどは経年なりにしっかりありますが、
それも時代の雰囲気として味わっていただけると思います。


もちろんヘコミや歪みは見られず、BB内部などチューブ内側も健全です。

お天道様の下ではキラキラと華やかさが増します。


自転車に詳しくない人でも「おっ?」となる、
そんな存在感があります。
ちょっとおしゃれをして、ポタリングなんていいですねぇ。


ロードレーサーだけじゃなく、
こういうのが一台あると趣味も楽しみ方も広がりそうです。

このラグジュアリーな仕様で、しかもここまでしっかりメンテナンスされたものは
他ではなかなか見つからないと思います。この機会をお見逃しなく!

【仕様】
フレーム:
・シートチューブ:約545mm(C-C)
・トップチューブ:約560mm(C-C)
パーツ:
ヘッド:TORPADO
ギヤクランク:TORPADO 170mm 48T
リアディレーラー:GIAN ROBERT
シフター:GIAN ROBERT
ブレーキ:UNIVERSAL
ハンドルバー:TORPADO
サドル:TORPADO
ハブ:TORPADO
リム:ARAYA 700C
フリーホイール:EVEREST G.CAIMI 4速 15〜21T
ペダル:SHEFFIELD(おまけ)
タイヤ:Panaracer PASELA 700x28C 新品

価格: ¥198,000(税込) フルレストア済みです!

※ ご注文の際は、こちらの注意事項等を必ず事前にご確認ください。
※ この商品は店頭お渡しのみとさせていただきます(配送用箱に安全に入らないので)

お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名(必須 商品名など)

メッセージ本文