BOTTECCHIA は婿入りしました

最近デビューしたばかりのスタッガードフレームの BOTTECCHIA



めでたく嫁入り…
新しいオーナー様は女性なので婿入りですね^^ しました。

試乗していただいて、
「もうちょっと小さいほうが」
とのことでしたので



ステムをもっと短く、


シートポストもギリギリまで下げられるものに交換。
「ずいぶん乗りやすくなりました」
と満足していただきました。

たくさん楽しんでくださいねー

★新着 SCAPIN Cromovelato 1980s

80年代の SCAPIN スカピンのフレームが入荷しました。








隅々まで丁寧な仕事、美しいディテールはさすがスカピン。

そして印象的なのは美しいメタリックペイントですね。
フルメッキのフレームに半透明の塗料を使う
Cromovelato クロモベラートと呼ばれる特別な塗装方法です。
クロモベラート特有の深い輝きに魅了されます。
これはぜひ実物を見にきて欲しい。

サイズは
シートチューブが約520mm(c-c)
トップチューブが約535mm(c-c)

このコはフレームセットで販売します。完成車化もご相談ください。

価格や詳細はこちらの商品ページをご覧ください。

SILCA IMPERO シリカフレームポンプの復活

シリカのフレームポンプ SILCA IMPERO です。



私も昔愛用していました。懐かしい。

IMPERO はカラーバリエーションが豊富だったので、
フレームとポンプの色を合わせるコーディネートが定番でした。
でも、いまや
カラーと長さ(フレームサイズに適合する長さ)が合っていて、
コンディションも良いものとなると、もうなかなか見つからない。

で、このオレンジのも御多分にもれず
バルブヘッドのゴム製シールが劣化して使えない状態でしたので


純正現行新品のスペアパーツを入手しました。



交換は簡単。差し替えるだけ。


内部の革製パッキンはまだ大丈夫そうですね。


おお、使える使える ^^
IMPERO(帝国)の復活じゃぁ!

フロアポンプのように高圧までスコスコ入るわけではありませんが、
ちっこい携帯ポンプよりはずっと使いやすいでしょう。


フレームと接触する部分には、キズ防止のテープを貼っておきます。
(綿のバーテープの切れ端です)

見ての通り、
先日完成した COLNAGO SUPER に色もサイズもマッチします。



いいですねぇ。ばっちりです。

ということで、このシリカポンプは、
オレンジのコルナゴスーパーを購入された方にプレゼントします!

COLNAGO SUPER にはスーパーなパーツを

完成車準備中の COLNAGO SUPER 1970s


このコのパーツが揃いました。


Campagnolo Super RECORD
ほぼフルセットです。
SUPER には SUPER ^^

フレームに合わせてなるべく70年代後半のものを選びました。


クランクは <8> 刻印の 78年製。


リアディレーラーは PATENT-78。この時期に多いアルミボルト品。


フロントディレーラーは Nuovo RECORD です。




ブレーキパッドはカンパ純正新品を使います。






きれいなのが揃いました。
もちろん、


オーバーホール済みです。

カンパ以外のパーツも鉄板ビンテージです。


リムは NISI チューブラー。スポーク穴のハトメが無い旧タイプ。
古いリムセメントを除去してポリッシュしました。
DTSwiss の新品スポークでキラキラホイールを組みます。


フリーホイールは EVEREST G.Caimi Castano 6s 16〜24T


ステムは 3ttt RECORD。ハンドルバーも 3ttt COMPETIZIONE


サドルは San marco CONCOR Supercorsa 状態の良い当時モノ。

完成までもう少しお待ちください。

★新着 COLNAGO SUPER 1970s Molteni Orange

70年代のコルナゴ COLNAGO SUPER のフレームが入荷しました。









ディテールから77年頃のものと推定。
“SUPER”らしい伝統的で実戦向きな作りですね。

サイズは
シートチューブが520mm(c-c)
トップチューブが535mm(c-c)

詳細はこちら商品ページをご覧ください。

このコは完成車にして販売します
お楽しみに!

BOTTECCHIA Donna 1987 完成!

BOTTECCHIA スタッガード型のボッテキアは完成車になりました!






シュッとしたプロポーション。
小さなサイズであることをあまり感じさせないですね ^^





ガチなロードレーサーとは一味違う魅力がいっぱいですね。
老若男女問わず、楽しく、おしゃれに乗り回していただきたいです。
特に、小さいサイズをお探しの方はお見逃しなく。
ぜひ、実車を見にきてください!

価格や詳細はこちら商品ページをご覧ください。
写真もたくさん追加しました。

BOTTECCHIA Donna パーツ詳細

完成車準備中の BOTTECCHIA ボッテキア。


価格をなるべく抑えつつも安っぽくなく、
もちろんしっかり走れることを念頭にパーツ構成を検討。
ずいぶん悩んだ末にパーツは以下の通りとしました。

まず、メインパーツは80年代の Shimano 600EX です。


クランクはFC-6207。167.5mmと若干短いのが今回は好都合。
少しキズスレあり。


ブレーキは BR-6208。シューはシマノ製 R55C 現行新品を使います。


リアメカは RD-6208、フロントは FD-6400 (600ULTEGRA)。

悩みどころはシフトレバー。
このフレームのダウンチューブには、レバー台座ではなくて


シフトワイヤーのアウター受けが直付けされています。
元々はハンドルを握ったまた親指で操作できる「サムシフター」
が付いていたと思われます。
でも、サムシフターはクロスバイクやマウンテンバイクっぽいし、
ハンドル前方にワイヤーが4本行き交って少しウルサイので、
これを探してきました。


ステムに取り付けるダブルレバーです。
サンツアー製で未使用品。インデックス機構はありません。


こんな感じになります。
きれいに収まりますね。操作性も悪くないです。

ハンドルバーでも悩みましたが


オールラウンダーバーの中ではスポーツ走行向きの
日東 B206AA を選びました。現行新品です。

もっと曲がりが深くてグリップが手前に近づく形の物や、
アップライトな姿勢になるプロムナードバーにすると
ツーリング車や街乗り車の方向にこのバイクの性格が変わります。
オーナーさんの好みや用途次第ですね。

ブレーキレバーはダイヤコンペDC135、現行新品。
ステムはダイヤコンペ(Super COMPEブランド日東製かな?)です。

以上は国内メーカーのパーツでしたが、ホイールは欧州製です。


ハブは GALLI Maillard 製。
(イタリアGALLIとフランスMaillardのコラボ品、結構めずらしい)


リムは NISI Mixer クリンチャー。


ボスフリーは Marchisio イタリアの専門メーカー製です。
6速14〜25T と使いやすい歯数です。


ハブのグリスアップ、振れ取り、スポークテンション調整済みです。


ヘッドパーツは OFMEGA 製。元々このフレームに付いていた物です。


サドルは CYCLE PRO の現行新品。
女性向けに設計されたものらしいので選んでみました。
幅がやや広めでクッション性も高いです。

ちなみに


この見慣れないダボは、ダイナモの台座です。
タイヤのトレッドへ垂直に押付けるドラム型のはずなんですが、
残念ながら適合しそうな物が見つからないですねぇ。
とりあえず使いません。

現在、鋭意組み上げ中です。
完成までもうちょっと。

ミキストとスタッガードの違い

先日入荷した BOTTECCHIA スタッガード型フレーム


をご覧になったお客様から、
ミキストと、スタッガードは何か違うの?
という質問をいただきました。
同じ疑問をお持ちの方のために、基本的な特徴をご説明します。

ミキスト型は、
トップチューブの代わりに細い2本のセンターステーがあり、
これがヘッドチューブからリアエンドまで直接繋がるのが特徴です。



この写真の例ではセンターステーがカーブしていますが、
まっすぐな物の方が一般的です。
ミキストはフランス製の街乗り車やツーリング車によく見られますね。
ちなみに “Mixte” は「男女兼用」的な意味になります。

スタッガード型は、
トップチューブがシートチューブの中程に接続されるのが特徴です。
後ろ三角は一般的なダイヤモンド型と同様です。



日本ではいわゆるママチャリでおなじみの形ですが、
写真のようなイタリアンビンテージになると、まるで別物 ^^
ミキスト型よりシンプルな構造で軽く作ることもできますが、
それでもダイヤモンド型に比べると、
ラグが一つ多く、ヘッドチューブやトップチューブも長めになり、
チューブも肉厚の物を使うことが多いなどから
普通、少し重くなっちゃいますね。

男女問わず、
ガチなロードレーサーだけじゃなくて、
こういうのも一台、セカンドバイク的にあるといいですよね。

BOTTECCHIA Donna フレーム詳細

先日チラ見せしました BOTTECCHIA のフレームです。






1987年頃の物と推定。

このタイプのフレームは安っぽい作りの物が多いのですが、
このコは違います!


BOTTECCHIA
らしい肉抜きのイタリアンカットラグ


GIPIEMME
製のしっかりとしたロードエンド


なで肩クラウンにフォーク内股の補強板


滑らかな曲線のフォークブレードなど、作りの良さが魅力です。
ママチャリ風などと侮ってはいけません。

気になるサイズは、
BB芯からシートチューブ上端まで約485mm(c-T
小さいものを見つけてきました。

コンディションも写真の通り良好です。
しかもオリジナルペイントにオリジナルデカール!

詳細とたくさんの写真をこちら商品ページに掲載していますので、
ぜひご覧ください。

このコは完成車にして販売します
なるべくお求めやすい価格にしたいと思います。
お楽しみに!