Campagnolo VELOCE 90s 箱入りハブ

90年代中頃の Campagnolo VELOCE のハブが入荷しました。



おー、箱入り未使用品ですよ ^^

VOELOCE はこの頃 ATHENA の下に新たに追加された
いわゆるエントリクラスのグループなのですが、
動きも仕上げも安っぽいところがなく、
ATHENA との差別化がはっきりしない感じです。
(これはある意味 VELOCE の伝統かな)

実際、
当時のスペアパーツカタログで確認してみると、


VELOCE と ATHENA のハブはほぼ同じものだとわかります。
さらに、
構成パーツの型番までよくみると、多くが”-RExxx“となっており、
これは最上位の RECORD のパーツが流用されているということ。

共通化により、コストを抑えつつ多品種化を実現している訳ですが、
これでは RECORD の「御威光」が萎えてしまいそう?
まぁ前向きに言い換えると、
下位モデルはとてもお買い得!!
ということになりますね ^^

さて、
今回入荷した「箱入りムスメ」はさすがにピカピカです。
なかでも最大の「萌えポイント」は、


スポークを一度も通したことがない、この初々しさ ^^

ただ、フリー部のラチェットが少々重かったので、


バラして新しいグリスに入れ替えました。
これはよくあることです。

ついでに8速スプロケットの「箱入りムスコ」をつけると


う〜ん、キラキラっすねぇ ^^
こりゃリムとスポークも新品で組みたい。

TOMMASINI 健康と美貌の秘訣(1)

この、超べっぴんさんの TOMMASINI トマジーニ




2年ほど前に当店からお嫁に行き
その年の L’英雄現在のエロイカ・ジャパン)の
ヴィンテージバイクコンクールで準優勝!
という輝かしい経歴の持ち主です。

ついつい「床の間バイク」にしてしまいそうな美貌ですが、
オーナーさんはライドイベントなどにも積極的に参加され
このコでかなりの距離を走っています。
それでも十分キレイな状態を保っていて、
大切にされていることがよくわかりますね。

こうやってたくさん乗って可愛がってもらえると、
私も最高に嬉しいですよ ^^

で、今回は、全面的なメンテナンスのご依頼
ほぼほぼフルオーバーホールして、
この先もますます楽しんでもらえるように仕上げていきます。


早速、パーツをフレームから下ろしました。
もともと当店で組んだものなので、素性の良さは間違いなし ^^
おかえりなさーい、という気分です。

ともかく、
いつものようにネジの一本までバラして徹底的に洗浄。




内部の汚れもスッキリ落とす、いわばデトックスです。
ここまですることで、細かい不具合などが無いかまで確認できます。
洗ったあとは、長期防錆オイルや潤滑オイルを施します。


ベアリングやギヤ類の摩耗も少なく、特別な手当は必要ありません。
よしよし。
適切なメンテを続けていれば、オールドカンパはとても長持ちですね。
メンテナンスしながら永く使用されることを前提に作られているのも
オールドカンパの美点でもあります。

さて、続きは近日。

RAULER Special パーツ集結

完成車準備中の RAULER のパーツが揃いました。


ストックの中から、似合いそうなパーツをチョイス。
オールドカンパ Nuovo RECORD を中心にまとめます。


クランクにはオシャレな彩色。76年製。




リアディレーラーは “PATENT-77” 77年製。
フロントディレーラーも70年代の穴なしタイプです。



ブレーキは70年代のクイック平レバーのロングアーチ品。
ブレーキパッドはカンパ純正の新品です。



フレームのヘッドラグとフォークがめっきなので、
ヘッドパーツもめっきの Nuovo RECORD キラキラで統一します。


ハブは70年代の平クイックレバー。


シートポストは70年代 Super RECORD 溝付き2本締め。

全てオーバーホール済みの美品揃いです。

カンパ以外もコンディションの良いビンテージ。


ステムとハンドルバーが 3ttt


リムはポリッシュした MAVIC Special Sport  でキラキラを増量。
DTSwiss の新品スポークでホイールを組みます。


ボスフリーは RGINA SYNCHRO 90 
14〜24T の多少の登りならがんばれる^^歯数です。

素晴らしいパーツが揃いました。
こりゃぁそうとうイイ感じに仕上がるでしょう ^^
完成までもうしばらくお待ちください。

Campagnolo VICTORY CRONO チューブラーリム

今回はチューブラーリムのご紹介。






Campagnolo VICTORY CRONO

1984〜86年頃のカンパニョーロ製チューブラーリムです。
希少な箱付き未使用品。
色はよくあるグレーではなくて、ちょっとブロンズなのがイイですね。
作りはオーソドックスなものです。

Cレコ期以降、カンパはリムの製造販売を始めます。
これはその最初期のもの。
当初はグループコンポに合わせて、


RECORDVICTORY の2シリーズを発売。
まだラインナップは少なくて、
完組ホイールなんてもちろんありません。

VICTORY には STRADACRONO の2モデルあり、
CRONO の方がちょっと軽い仕様です。

で、実測してみると、


395g (32H)。


当時(今も)人気の MAVIC GP4 約404g (32H)よりも、ちょい軽。
もっと軽いリムにも憧れますが、
オールラウンドに使うホイールとしては
このくらいの物が耐久性とのバランスが良いと思います。

リムの重量については、
カタログに記載されているとそれを信用しがちですが、
実測してみると「もっと重いじゃん」ということがよくあります。
個体差(バラつき)も結構ありますね。特に古いものは。

さて、
お客様のご依頼で、この VICTORY リムでホイールを組みます。


ハブは80年代 Campagnolo RECORD


フリーはお客様持ち込み品の REGINA SYNCHRO 6s。
14〜26Tという当時としてはワイドレンジです。
このお客様は EROICA Japan に毎回参加されている方で、
今年から開催地が群馬県の草津に変わりタフな山岳コースになるため、
これはその対策ホイールとのこと。
なるほど、26Tが欲しくなりますよね。

Campagnolo RECORD ナメクジ進化論

古いカンパニョーロ・レコードのフロントディレーラー。


このプレートの形状から
ナメクジ」という愛称?が付いていることは
ご存知の方も多いと思います。

パンタグラフ式のナメクジちゃんは1960年頃から作られ、
基本設計をほとんど変えずに80年代前半まで作り続けられます。
その間、細かい仕様変更は何度もありましたが、
そのうちのいくつか、古い順にご紹介します。

残念ながら60年代の最も古いタイプは手元になくて、
冒頭の写真のは72〜77年頃の


本体のピボット受け部分が丸く出っ張った形になってからのもの。
通称「デベソ」と呼ばれるタイプです。
にしても、デベソのナメクジってひどいネーミング ^^;

77年頃以降は、


前プレートの先端にクボミというかフチが付くようになります。


これを「エクボ」と言う人もいますね。

この後、前プレートのロゴが「地球」から「」に変わり、
さらに前プレートに穴が開くようになります。


これは78年頃のもので、前プレートに穴が4つあります。
でもちょっとやりすぎたと思ったのか?


80年代には穴は3つになります。


Super RECORD
 も誕生しますが、
違いはパンタアームが黒くなっただけで性能差はありません。

その後、前プレートのロゴマークに「盾型の囲み」が付いて、
それが最終型だと思います。

84年に発表された C-RECORD では


プレートの穴はなくなり、エクボもなくなり、
ナメクジへ回帰したとも言えなくはない?

では、恒例の?親族で集合写真です。



あ、なんか生き物っぽく見えてきた ^^;

Nuovo RECORD & Nuovo GRAN SPORT

ああ、
私の目と鼻に装備された「超高感度花粉センサー」が
もうはっきりと反応を示しています。
またこの季節が来たか…

ま、それはさておき、


カンパ Nuovo RECORDNuovo GRAN SPORT
リアディレーラーを同時にオーバーホールをしましたので
これをネタに軽くヨタ話を。



上の写真手前が Nuovo GRAN SPORT で、
Nuovo RECORD の一つ下のグレードになります。
写真のNuovo GRAN SPORT は82〜83年頃のものです。

鉄プレス製のプーリーケージなどでややチープな印象を与えますが、
そこがなかなか味わい深い ^^
結構好きなんですよ、GRAN SPORT が。

さらに詳しく RECORD と比べてみると、





GRAN SPORT は各部の材質や仕上げなどでコストを抑えていますが
機械的なジオメトリは同じで、
全く同じ構成パーツを共有している部分もあります。
なので、実用的な性能差はほぼ無いといって良いでしょう。
すり切れたRECORDよりも、健康的なGRAN SPORTを私は選びます。

パーツに互換性があるので、
RECORD と GRAN SPORT のパーツをミックスした
妙な変速機を組んで遊んじゃってる方もたまにいますね。

せっかくの機会ですので、親族で集合写真を。



お、豪華メンバーですねぇ。

C.B.T.Italia / RIH パーツ詳細

完成車準備中の C.B.T.Italia のパーツのご紹介です。


とてもきれいなフレームですので、パーツにも美品を使いたい。
でも、なるべくお求め易い価格にまとめたい…。

ということで、

メインパーツには90年代半ばの Campagnolo ATHENA を採用。








シフトレバーは右レバー(リア)が8速インデックス式です。
エルゴパワーよりも軽量でワイヤリングもスッキリしますね。

ホイールはインパクトのあるこれ、



リムは希少な Campagnolo ATLANTA 96 です。
堂々たるディープリムで、クリンチャーです。
振れ取りとスポークテンションのバランスも調整済み。



ハブは Campagnolo ATHENA 8速フリーハブです。


スプロケットは13〜26T
フロント52/39Tと合わせて、とても使い勝手の良いギヤ比です。


フロントディレーラーは CHORUS になります。


サドルは San Marco Rolls。デカールに合わせて黄色。
シートポストは SELCOF TEAM


ハンドルバーは NITTO NEAT M.185 新品、
ステムは NITTO NP(旧パールステム) 新品です。

美品パーツが揃いました。
フレームよりもパーツの方が全般的に若いですが、
バッチリ似合うと思います。
完成までもうしばらくお待ちください。

PINARELLO Record Special パーツ詳細

完成車準備中の PINARELLO Record Special


ようやくパーツが揃いました。


Campagnolo Super RECORD と一部 Nuovo RECORD











もちろん全てオーバーホール済み
しかも、どれも美品です。
ヘッドパーツとシートポストは Nuovo RECORD です。

その他もビンテージ揃い。


フリーホイールは REGINA SYNCHRO 6s
なんと未使用品を投入します!


ハンドルバーは Cinelli Giro D’Italia
ステムも Cinelli 1R クランプ機構を内蔵した高級モデルで、
しかも美品です。


リムは AMBROSIO MONTREAL 新品。チューブラーです。
例によって DTSwiss の新品スポークでホイールを組みます。


サドルは Selle Italia TURBO 1980 新品です。

素晴らしいパーツが揃いました。
鋭意、組み上げ中です。


もうすでに絶対かっこいいやん ^^

完成までもうしばらくお待ちください。

Campagnolo GRAN SPORT ツーリング用

このギヤクランクをご存知ですか?


1982年製の Campagnolo GRAN SPORT Touring Group のです。
その名の通り「ツーリング車用」という位置付け。

のちのCレコ期の VICTORYTRIOMPHE とギヤ板は共通ですが
クランクやアームが角張っていて、よりレトロな雰囲気です。

この時代の GRAN SPORT と言えば


見かけるのはほとんど、こちらの Nuovo RECORD 似の物ですが、
これは Road Group のクランクとなります。
BCDが144mm、最小インナーが42T のいかにもロード用です。

一方、ツーリング・グループのクランクは


BCDが116mmで、最小インナーが35T
ワイドレシオに対応した、
現代でいうところのコンパクトクランク的なものですね。

せっかくの BCD 116 なので
50/36T くらいの軽いギヤ板がないか探してみるのですが、
見つかるのは写真の 52/42T か 53/42T ばかり。
どうやら、ツーリング車に使われることは少なかったようです。

また、GRAN SPORT Touring Group には
ロングケージの「縦型RALLY」リアディレーラーが含まれるなど
なかなか興味深いのですが、
カンパにツーリング用コンポがあるという認知度が低くかったのか?
おかげで現在でも希少品です。

この BCD116 のチェーンリングは、
後継モデルの VICTORYTRIOMPHE に引き継がれますが、
88年にはカタログから姿を消してしまいます。


個人的にはこのデザインがすごく好きなんですけどね。
残念!

仕事納めの?オーバーホール

今年も残すところ、あとわずか。
私もそろそろ「仕事納め」したいところなのですが、
オーバーホール待ちのパーツが溜まっているので



まだまだねちねち作業しています ^^;


特にオールドカンパのペダルは人気があって、
完成車を購入される方の多くが「ペダルも」と言われるので、
すぐにご提供できるように用意しておかないと。

カンパペダルの魅力の一つは、その耐久性の高さ。
でも、それもやはり
「適切なメンテナンスがされていれば」
です。
時々、外観よりも内部(ベアリング)が痛んでいる物もあって、
(それでもけっこう良いお値段してたりして)
なんてこったい!ということもあります。

幸い、今回オーバーホールしたこのコは


外観よりも、かえって中身の方がコンディションが良いくらい。
よしよし ^^

お嫁に行った後、
次にメンテナンスされるのがいつか分からないので




グリスはたっぷり入れておきます。
これでさらにご長寿 ^^


Campagnolo SUPER LEGGERI 完成。
アルミプレートにスチールシャフトの物です。
プレート踏面にスレはあるものの、キズは少なめ。
もちろん回転はとてもスムーズです。

で、カンパ製ペダルには


カンパ純正トゥクリップビンダストラップがお似合い。


COLNAGO SUPER に付けてみました。
う〜ん、なんともしっくりきちゃうねぇ。
やっぱり、オシャレは足元から、かな ^^

====
年末年始どまんなかでも、お問い合わせは遠慮なくどうぞ。
実車の確認も可能です。事前にご連絡ください。

良い年をお迎えください

Campagnolo Nuovo RECORD 41T チェーンリング

先日完成した OLMO で採用した、



Campagnolo Nuovo RECORD41T のチェーンリング。
ご質問を頂いたので、詳しくご紹介します。


オールドカンパなどの BCDが144mmのロード用クランクでは、
インナーの最小歯数は通常42T が限界だとアタマにあるのですが
82年のカンパカタログをよ〜く見ると
Nuovo RECORD にだけ41T があります。
へぇ〜、って感じです。
でも75年のカタログでは42T からとなっているので、
後から密かに?追加されたもののようです。


42T でも、ピン穴の位置は崖っぷちギリギリですが、
それが41T になるとさらに厳しく


崖からカカトが出ていて、おっとっと、絶体絶命 ^^;
Super RECORD の細いギヤには41T が追加されなかったのは、
強度的に不安があったからかもしれません。

この41T は流通が少ないようで、
たまに見つけてもいい値段が付いていたりしますので
これはけっこうサービス品 ^^


精巧に切削されたアウターリングとの組合せも美しい!
このオルモちゃんのセクシーポイントになっていますね。


おぉ、セクスィ〜 ^^

OLMO Competition パーツ詳細

完成車準備中の OLMO Competition


パーツが揃いましたのでご紹介します。

当初は Campagnolo GRAN SPORT フルセットで価格を抑えて…
と考えていたのですが、
フレームのグレードからするとやはり RECORD クラスが似合うなぁ
と思い直し、
結局、以下のような豪華な構成になりました。




ディレーラー3点セットは Campagnolo Nuovo RECORD
パリッと美品です。


ギヤクランクも Nuovo RECORD
インナーチェーンリングは


なかなか珍しい41T(通常、最小インナーは42T)。


アウターチェーンリングは見慣れないデザインですが、
Nuovo RECORD をベースにかなり削り込んだ物です。
これは超かっこいい!


シートポストも Nuovo RECORD。2本締めです。


ハブは Nuovo/Super RECORD。フロント32h、リア36hです。



ブレーキは Super RECORD


BBとヘッドパーツはフレーム入荷時に付いてきた GRAN SPORT
オーバーホールしてすでにフレームに取り付けてあります。


リムは MAVICMONTHLERY PROMONTHLERY ROUTE
例によって DTSwiss の新品スポークでホイールを組みます。


フリーホイールは REGINA ORO
パチパチと軽快な「音」が魅力です。
14〜24T の使いやすいギヤ比なのもいいですね。


サドルは San Marco CONCOR Supercorsa
当時物で表皮の状態も良好です。


ハンドルバーとステムは定番の 3ttt

Campagnolo Nuovo/Super RECORD をメインに
ヘッドとBBが GRAN SPORT  という構成になりました。
もちろん全てオーバーホール済みです。
その他も MAVIC, REGINA, CONCOR, 3ttt とビンテージ揃い。
これ絶対間違いないやつやん!」^^

完成までもうしばらくお待ちください。