PINARELLO STELVIO 速攻でお嫁入り

90年代生まれでまだピチピチ^^のピナコ、


PINARELLO STELVIO は早くも嫁ぎ先がきまりました。

ムコ殿は身長のある方で、
「大きめサイズで、バリバリ乗って楽しそうなフレーム」
を探していたそうです。
このコはまさにぴったし、幸せなめぐり合わせですね。

ヘッドパーツの追加と取付けだけを当店に依頼され、
あとは手持ちのパーツなどを使ってご自分で組まれるそうです。
完成が楽しみですね。
完成したらぜひ乗って遊びにきてください。

PEP MAGNI マーニ姫めでたくお輿入れ

希少かつビンテージ感満載の MAGNI マーニ姫



そろそろ完成車にしてあげよかなーなどと考えていたところに、
ムコ殿が颯爽と現れ、
VOLVO製の大きな「お輿」に姫様を乗せてお城へ連れ行きました ^^

ただ、ムコ殿には
すでに両手では足りないほどの側室がいるそうで…
バイクを保管している部屋の写真を見せていただきましたが、
わぉ、もはや「大奥」状態ですね ^^
マーニ姫も可愛がってくださいよー。

★新着 PINARELLO 90年代フレーム入荷

1994年頃製の PINARELLO STELVIO フレームが入荷しました。






94年生まれと言えば、
土屋太鳳ちゃん、二階堂ふみちゃん、大谷翔平くんらと同級生。
ついでにウチの次男も ^^

ビンテージというには少々若いですが、
イタリアンメイドの高品質なスチールフレームです。

フレームと同じ時代の8速コンポで組むのも良し、
現代の11速コンポを組み合わせて、
実用的かつ美しいスチールバイクを仕立てるにもうってつけです
バンバン乗って楽しみたいという方に特におすすめです。

サイズはシートチューブもトップチューブ共に約560mm(c−c)
とちょっと大きめです。

こちらの商品ページに写真をたくさん掲載していますので、
ぜひご覧ください。

★新着・PINARELLO 浅緑色のピナレロ

80年代の PINARELLO ピナレロのフレームセットが入荷しました。





爽やかで品もある「浅緑色」。
美脚カーブでオールめっきのフォークに、
伝統的な刻印や肉抜きも魅力的です。

サイズは
シート約485mm(C−C)(500mm(C-T))、
トップ約505mm(C−C)と、
女性にもおすすめできそうな小さめです。

なお、このコは完成車に仕立てる予定です。
まずはフレームの写真をたくさん撮りましたので
こちら商品ページをご覧ください。

COLNAGO MEXICO まずはフレーム

準備中のコルナゴ COLNAGO MEXICO、





まずはフレームだけ仕上がりました。
こちらに写真をたくさん撮りましたのでご覧ください。

パーツの方も鋭意準備中。
完成までもう少しお待ちください。

—-
さて、

 
私たちキャラかぶってますか?
まあね。
アッズーロに黄色のデカールの組み合わせは
この時代の人気定番のカラーリングなんです。
あと、サロンニ・レッド的な深い赤なんかも超定番。

SCAPIN AIRONE 80年代エアロフレーム

SCAPIN スカピンのエアロフレーム “AIRONE” です。




1980年代前半頃のハイエンドモデルで、
コロンバスSLチューブをベースに独自の潰し加工が施されています。


トップチューブ両側面にはじわりと深い谷筋。




ダウンチューブ、シートチューブ、シートステイは水滴型の断面
極端なペッタンコには潰されておらず、



ラグとつながる付近は真円のままで、
通常タイプのラグを使った実績のある作り。


エアロタイプのシフトレバー直付台座で、
シフトワイヤーはもちろん内臓ですが、


ボトムブラケット部分はワイヤーを一旦外に引き出すことで、
ワイヤー交換時のメンテナンス性も考えられています。


ブレーキワイヤーを通す穴のフタ?のカタチもユニークですね。

ラグのエッジは薄くスムーズで、
ハイエンドモデルらしく、よく手間がかかっています。

エアロフレーム」というと、
見た目のインパクトを優先したような物も少なくないですが、
この AIRONE はそんなところがなくて、
エアロデザインとフレームとしての性能を両立させた
作り手のまじめさが感じらます。
そしてやはり美しいです。

これ、いいなぁ、ほしいなぁ
と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、
実はこのコ、ちょっとワケあり ^^;で、
残念ながら商品ではないんです。

なので今回は、
「世の中にはこんなのもありますよ」
というご紹介のみでご容赦ください。
期待させたらごめんなさい。

SCAPIN この身ひとつであなたのもとへ

3人組のセンターで歌唱力抜群 ^^ の SU-ちゃんこと、



パールホワイトの SCAPIN フレーム。
めでたく嫁ぎ先が決まりました。

完成車ではなく、フレームに
ヘッドパーツやエンドアジャスタボルトなど小物のみ追加します。
最小限の嫁入り支度です。

お婿さんはロードバイク歴が長く、
ご自身で組み上げるのをじっくり楽しむのだそう。
いいですね。
私も完成が楽しみです。

でも、私の腕の見せどころがない… ^^;
もしなにか困ったことがあればご相談を。

では

MONTAGNER 嫁入り支度・きらきらホイール

MONTAGNER の嫁入り支度、推進中です。

リムはレトロなアルミポリッシュにしたい、
というお婿さんの希望により


MAVIC MONTHLERY LEGERE を。
中古ですがこのコはまだまだイケます。


映り込むくらいに磨いて、
新品のスポーク(DTSwiss製)で組みました。
ハブはカンパニョーロ RECORD


はい、きらきらホイールの完成!
これで天気のいい日に走ると、さらに眩しくきらきらです ^^

ただし、
この美肌を維持するには日頃のお手入れが欠かせませんよ。

—-
アルミ地肌時代の旧いリムは
磨けば光るし、ラベルのデザインもとても魅力的ですが、
アイレット(スポーク穴のハトメ)が構造的に弱い物や、
アルミの材質自体もヤワい物がありますから
コンディションの見極めが肝心ですね。


コンディションの良いのを入手したなら、
永く楽しむためにはシャキッとしたスポークで、
テンションバランスに気を配ってホイールを組みたいものです。

では

MONTAGNER 嫁入り支度・貴方好みのバイクになりたい

MOAちゃん?こと超希少な MONTAGNER は、


めでたく嫁ぎ先が決まりました!
お婿さんとはお見合い(実車確認)で気に入ってもらいました。

完成車で、とのご依頼でしたので、
パーツ構成などお婿さんのご希望に沿って
嫁入り支度
をすすめていきます。

バーホール済みのストックパーツから



フレームと同じ時代の
カンパニョーロ SUPER RECORD をメインに、
変速機にはあえて NUOVO RECORD を選択されました。

その他、REGINA, MAVIC, 3ttt など鉄板ビンテージパーツで
これ、絶対間違いないヤツやん ^^

一部ストックになくて入荷待ちのパーツもありますが、
これから総組み作業を進めていきます。

豪華白無垢文金高島田
の花嫁姿をご期待ください ^^

希少ブランドのススメ

お客様に
「最近マニアックな商品が多くないですか」
と言われました。
ええ、まぁ、そうですかねぇ。


MONTAGNER
をはじめ、


MAGNI


SCAPIN


GRANDIS など、
たしかに、若干?レア度やエンスー度が高いラインナップ。

COLNAGODE ROSA のような
超メジャーどころも、もちろん良いのですが、
そうじゃないのも好きなんですよ、私が ^^

不況を乗り切れずに無くなってしまった小規模な工房や、
日本ではあまり紹介されないメーカーにも、
美しくて、個性的で、造りの良いフレームはたくさんあります。
規模の小さなところのほうが
創業者ビルダーの主義主張やセンスが明確で面白かったりします。

そういうものをもっとご紹介したいですし、
また、この趣味が深まっていくと、次第に
他の人が乗ってないのが欲しい
となる方も多いですから、
そのご要望にお応えできれば、と思っています。

今、手元にあるうちにぜひ見にきてください。
見るだけでも楽しいですよ。
次はいつ入ってくるかわかりませんしね。


蛇足ですが
当店では、下の3台を


左から YUIMETALSU-METALMOAMETAL と呼んでいます。
えっ、意味がわからない?
40年前なら、ランスーミキ、ってところです ^^

では

★新着・MONTAGNER 1980s フレームセット

MONTAGNER(モンタニェール)のフレームセットが入荷しました。
(先日のブランド当てクイズの答えです)

「モンタ…? 聞いたことないなぁ」
という方も多いと思いますが、
イタリアの「ガチ」レーシングバイクの工房です。
1980年代にチェコとポーランド代表チームへフレームを供給し、
86年の世界選手権ではチームパシュートで優勝するなど
実戦実績は十分。

海外でも流通がとても少ないコレクターズ・アイテムで、
日本にはいったい何台あるの?ないの?
といったくらいの、かなりのレア物です。

このコは、80年代始め頃の物。





いかにも走りそうな堅実な造りに、
イタリアン・ビンテージらしい味わいもしっかり。
チューブはコロンバスSL。
シート約500mm(c−c)トップ約525mm(c−c)
コンディションも良好です。

まずはフレームセットで販売します。
こちらの商品ページにたくさん写真を掲載しました。
ぜひご覧ください。

★新着チラ見せ・超希少ブランドです

性懲りも無くブランド当てクイズです。




これは相当難しいと思います。

イタリア・ヴェネツィア製です。
80年代にはチェコとポーランドの代表チームに採用され
世界選手権で勝利をあげているレーシングブランドですが、
日本にはほとんど入ってきていないのでは。

答えは近日 ^^

では