SCAPIN この身ひとつであなたのもとへ

3人組のセンターで歌唱力抜群 ^^ の SU-ちゃんこと、



パールホワイトの SCAPIN フレーム。
めでたく嫁ぎ先が決まりました。

完成車ではなく、フレームに
ヘッドパーツやエンドアジャスタボルトなど小物のみ追加します。
最小限の嫁入り支度です。

お婿さんはロードバイク歴が長く、
ご自身で組み上げるのをじっくり楽しむのだそう。
いいですね。
私も完成が楽しみです。

でも、私の腕の見せどころがない… ^^;
もしなにか困ったことがあればご相談を。

では

MONTAGNER 嫁入り支度・きらきらホイール

MONTAGNER の嫁入り支度、推進中です。

リムはレトロなアルミポリッシュにしたい、
というお婿さんの希望により


MAVIC MONTHLERY LEGERE を。
中古ですがこのコはまだまだイケます。


映り込むくらいに磨いて、
新品のスポーク(DTSwiss製)で組みました。
ハブはカンパニョーロ RECORD


はい、きらきらホイールの完成!
これで天気のいい日に走ると、さらに眩しくきらきらです ^^

ただし、
この美肌を維持するには日頃のお手入れが欠かせませんよ。

—-
アルミ地肌時代の旧いリムは
磨けば光るし、ラベルのデザインもとても魅力的ですが、
アイレット(スポーク穴のハトメ)が構造的に弱い物や、
アルミの材質自体もヤワい物がありますから
コンディションの見極めが肝心ですね。


コンディションの良いのを入手したなら、
永く楽しむためにはシャキッとしたスポークで、
テンションバランスに気を配ってホイールを組みたいものです。

では

MONTAGNER 嫁入り支度・貴方好みのバイクになりたい

MOAちゃん?こと超希少な MONTAGNER は、


めでたく嫁ぎ先が決まりました!
お婿さんとはお見合い(実車確認)で気に入ってもらいました。

完成車で、とのご依頼でしたので、
パーツ構成などお婿さんのご希望に沿って
嫁入り支度
をすすめていきます。

バーホール済みのストックパーツから



フレームと同じ時代の
カンパニョーロ SUPER RECORD をメインに、
変速機にはあえて NUOVO RECORD を選択されました。

その他、REGINA, MAVIC, 3ttt など鉄板ビンテージパーツで
これ、絶対間違いないヤツやん ^^

一部ストックになくて入荷待ちのパーツもありますが、
これから総組み作業を進めていきます。

豪華白無垢文金高島田
の花嫁姿をご期待ください ^^

希少ブランドのススメ

お客様に
「最近マニアックな商品が多くないですか」
と言われました。
ええ、まぁ、そうですかねぇ。


MONTAGNER
をはじめ、


MAGNI


SCAPIN


GRANDIS など、
たしかに、若干?レア度やエンスー度が高いラインナップ。

COLNAGODE ROSA のような
超メジャーどころも、もちろん良いのですが、
そうじゃないのも好きなんですよ、私が ^^

不況を乗り切れずに無くなってしまった小規模な工房や、
日本ではあまり紹介されないメーカーにも、
美しくて、個性的で、造りの良いフレームはたくさんあります。
規模の小さなところのほうが
創業者ビルダーの主義主張やセンスが明確で面白かったりします。

そういうものをもっとご紹介したいですし、
また、この趣味が深まっていくと、次第に
他の人が乗ってないのが欲しい
となる方も多いですから、
そのご要望にお応えできれば、と思っています。

今、手元にあるうちにぜひ見にきてください。
見るだけでも楽しいですよ。
次はいつ入ってくるかわかりませんしね。


蛇足ですが
当店では、下の3台を


左から YUIMETALSU-METALMOAMETAL と呼んでいます。
えっ、意味がわからない?
40年前なら、ランスーミキ、ってところです ^^

では

★新着・MONTAGNER 1980s フレームセット

MONTAGNER(モンタニェール)のフレームセットが入荷しました。
(先日のブランド当てクイズの答えです)

「モンタ…? 聞いたことないなぁ」
という方も多いと思いますが、
イタリアの「ガチ」レーシングバイクの工房です。
1980年代にチェコとポーランド代表チームへフレームを供給し、
86年の世界選手権ではチームパシュートで優勝するなど
実戦実績は十分。

海外でも流通がとても少ないコレクターズ・アイテムで、
日本にはいったい何台あるの?ないの?
といったくらいの、かなりのレア物です。

このコは、80年代始め頃の物。





いかにも走りそうな堅実な造りに、
イタリアン・ビンテージらしい味わいもしっかり。
チューブはコロンバスSL。
シート約500mm(c−c)トップ約525mm(c−c)
コンディションも良好です。

まずはフレームセットで販売します。
こちらの商品ページにたくさん写真を掲載しました。
ぜひご覧ください。

★新着チラ見せ・超希少ブランドです

性懲りも無くブランド当てクイズです。




これは相当難しいと思います。

イタリア・ヴェネツィア製です。
80年代にはチェコとポーランドの代表チームに採用され
世界選手権で勝利をあげているレーシングブランドですが、
日本にはほとんど入ってきていないのでは。

答えは近日 ^^

では

★新着・SCAPIN 1980s フレームセット

SCAPIN スカピンのフレームが入荷しました。
日本では知る人ぞ知るといった存在ですが、
その洗練されたスタイルと作りの良さで人気の高いブランドです。

このコは1980年代の生まれ。




コンディション抜群のべっぴんさん!
パールホワイトのペイントも鮮やかですね。
チューブはコロンバスSL。
シート約490mm(c−c)トップ約510mm(c−c)と
希少な小さいサイズです。


おっ、この「三つ星」の家紋は
まさか、かの「毛利家」となにか繋がりが…
無いです ^^;

フレームセットで販売します
こちらの商品ページにたくさん写真を掲載しましたので、
ぜひご覧ください。

★新着・LEGNANO GRAN PREMIO 1980

LEGNANO レニャーノのフレームが入荷しました。
1980年頃の GRAN PREMIO です。




チューブはレイノルズ531エンドはカンパニョーロ
とても本格的な作り。
フルめっきのフロントフォークも美脚です。
サイズはシート約535mm(c−c)トップ約545mm(c−c)

パーツは新車販売当時のカタログを参考に
同時代の Campagnolo GRAN SPORT などで組む予定です。
お求めやすい価格にする予定です。

こちらの商品ページにたくさん写真を掲載しました。
ぜひご覧ください。

ミヤタサイクルのフレーム工房を訪問

ちょっとしたご縁があって、
地元の神奈川県辻堂にある株式会社ミヤタサイクルを訪問、
高級スチールフレームを専門に製作している工房を見学することができました。

ミヤタといえば、


1970年代後半にはオランダの高級車メーカーKOGA社にもフレームを供給するようになり、1980年のツール・ド・フランスでは CAPRISONNE-KOGA miyata チームがミヤタ製のフレームを使用。
翌年のツールではチームのエース Peter Winnen が山岳第ステージ区間優勝、総合5位、さらにマイヨ・ブラン(新人賞)を獲得する活躍を遂げ、本場ヨーロッパで認められたブランドになりました。
当時のトップモデル FULL PRO の、オーダー車のような手の込んだ作りは印象的でしたね。

今回の「ご縁」というのは、
かつてミヤタでフレーム製作治具や生産設備の開発をされていた
機械設計技師の二宮氏(すばらしいアイデアと技術力の方)と、
ひょんなことから知り合い、
氏のご好意により工房にお邪魔することができた、という事なんです。

その工房は、
かつてはミヤタの自転車を一貫生産していた、大きな工場だった建物の一角にありました。



今回お会いしたのはミヤタサイクルの鈴木氏(左)と遠山氏。
お二人ともこの道一筋の、まさにベテランの風格です。
でもとても気さくにお話をしてくださいました。

長年大切に使われてきた治具や工作機械にも迫力を感じます。
フレーム製作専用の特殊な治具はもちろん全てミヤタオリジナルで、
私をここへ連れてきてくださった二宮氏の作。
「ノウハウいっぱいの社外秘」
との事なので、写真は撮りませんでしたが、
正確な寸法や角度が出せるよう、経験に基づいた独自の工夫が盛り込まれています。もはやお宝、見ることができて感動です。
これだけでも、精度の高いフレームを作るんだという情熱を感じました。

この日は、
ろう付けが全て終わったフレームのフラックスを落とし、



地肌に磨きをかける作業をしておられました。
写真はまだ作業を始めたばかりの状態ですが、
目立たない部分にも、とても丁寧にヤスリをかけていました。
これからすっごい綺麗になるんだろうな。
私のフレームじゃないんですが、なんかすごく嬉しいです ^^

ビルダーの鈴木氏は手を動かしながら、
品質への絶対的な自信と、美しい自転車作りへの矜持を
静かに、しかし熱く、語っておられました。
まさに匠。かっこいいです。
引き継がれていくべき技術やもの作りのスピリットが、
ここにありますね。

あやうく私物を1台お願いしそうになりますが、
事業上の事情があり、現在は受注を止めているとのことです。
(この辺の内部事情については書くのを控えます)
うううう〜ん。

長い時間お邪魔してしまい、
貴重なお話もたくさん聞かせていただきました。
たいへん有難うございました!

MAGNI 私、組んでもスゴイんです

先日販売を開始した MAGNI


フレームだけで眺めていても、お酒がすすみますが ^^
完成車になったらもっと美味いだろう
ということで、似合いそうなパーツを試着してみました。

メインのパーツはやはり
同時代のカンパニョーロ SUPER RECORD がオススメですね。





う〜ん、いいすねぇ。
小柄なイタリア美女です。
いっしょにお酒飲みたい ^^

シート約490mm(c-c)、トップ約505mm(c-c)と、
かなり小さいサイズですがプロポーションがとても綺麗です。
作り手の美意識が高くないと、こうはならないと思います。
トップチューブがしっかりホリゾンタル(水平)なのも良いですね。

トップチューブがこれだけ短いので
身長160cm未満の方でもきちんと乗れそうかな?
ご婦人に乗ってもらえるといいな、とか思います。

完成車になった時のイメージを掴んで頂けたでしょうか?
完成車化もご相談ください

フレームの詳細についてはこちら商品ページをご覧ください。

では

★新着・MAGNI フレームセット入荷

チラ見せ問題の答です

希少な MAGNI(マーニ)のフレームが入荷しました。





いっやああ、これは美人さんだぁ ^^
ワタシ的には「ど真ん中ストライク」です。
1970年代末から80年代始め頃の物と推定。

MAGNI と言えば…
カンパニョーロに独自の改良や金銀めっきを施した
ICS(Ital Cicli Systems)製の超超高級パーツ



を纏ったスペシャルバイクだったことを
ご存知の方もおられるでしょう。
もう尋常じゃない豪華さですね。きっと恐ろしいお値段 ^^;

ウチのコは
ICSコラボモデルのような金ピカではないものの、
同様の高品位で丁寧な作りです。
ビルダーは CINELLI SuperCorsa の製作も請け負っていた
名工 Giovanni “Vanni” Losa 氏。
さすがの職人仕事を味わうことができます。

サイズは、
シートチューブが約490mm(c-c) (500mm(C-T))、
トップチューブが約505mm(c-c) 
女性にも乗っていただけそうな小さいサイズです。


希少な“MAGNI”刻印パーツも付属したフレームセットで販売します
完成車化もご相談ください。

詳細はこちら商品ページをご覧ください。
写真をたくさん掲載しています。