ハブのオーバーホール デュラエース7400編

こー暑いと、エアコンのちゃんと効く部屋でできる仕事に逃げたくなります。
なので、デュラエース7400のハブをオーバーホール…。^^;

DSC_0131
デュラエース最後のボスフリータイプのハブです。
すこし傷や使用感はありますが、はるばるイタリアから帰国してきたコなので、
全部バラして内部もきれいしてあげましょう。

DSC_0055
ロックナット(一番外側のナット)が六角ではなく、ハブスパナを使うタイプ なので、
13mm(フロント)、14mm(リヤ)のハブスパナを各2本ずつ用意します。

DSC_0077
バラす前に、 シャフトの端っこの部分にディグリーザーとブラシできれいにしておきます。
ここのネジに汚れがこびりついたままだと、玉押しなどがスムーズに抜けなくて
余計な苦労をするんですよね。

DSC_0080
DSC_0082
DSC_0084
ロックナットを緩めて抜いて、
舌付きワッシャを抜いて、
玉押しを抜いて、
シャフトを抜いて(玉が落ちてくるので無くさないように注意)
キャップを慎重に外します。
グリスも残っていて、一応メンテナンスを受けていた様子がうかがえます。

DSC_0085

玉はウエスかキッチンペーパーの上に出します。
ウエスなら、タオル地よりも綿の肌着のような薄くて毛足の短いのがおすすめです。

DSC_0086
DSC_0087
DSC_0088
ペーパーを折ってかぶせて玉を軽く転がすと、おおむねきれいになります。

DSC_0089
玉は数を確認しながら、茶こしに移し替えた後、

DSC_0091
ディグリーザーをかけて、指で直接グリグリして洗います。
(ゴム手袋を使いましょう)

その他の部品もディグリーザーを使ってきれいにします。
細かい所は歯ブラシなども使って汚れを落とします。
まだ乾かないうちにきれいなウエスで拭きます。
この時
「きれいになぁれ、きれいになぁれ」
と声に出してフキフキすると効果的です。^^

リヤハブも同じようにばらしてきれいにします。

DSC_0099
洗浄完了!
カップも玉押しも玉もきれいです。このままなにも交換せずに行けます。
いつもそうだといいんですけどね。
洗ったままにせず注油しておきます。

でもね、ここで気がついた。
リヤハブのシャフトと玉押しとロックナットが、なぜかカンパニョーロ製だ。^^;

DSC_0004
カンパの刻印があります。
どういう経緯があったのかはわかりません。
でも、ベアリングの状態はよく、バラす前もガタ無く回転もスムーズでしたので、
日伊のコラボは上手くいってるようですね。
まぁ、古い物だと、たまにある事です。
ともかく、意外なところで「シマニョーロ」でした。

さて、ここから組み立てです。
言い忘れましたが、バラす前に部品の順番や向きを確認して覚えておきます。
ま、ハブは比較的単純なのでよいのですが、
変速機などややこしいものは写真に残すと後で助かることも多いです。

DSC_0102
シャフト片方のスレッド部にグリスを塗って、
玉押し、ワッシャ、ロックナットを取付けます。
リヤのシャフト長は実測134mm。オーバーロックナット寸法は126mmなので、
その差の半分、つまり4mmがシャフト端のでっぱりの寸法になります。
そうなるようにロックナットを締めます。

DSC_0109
両側のカップにグリスを盛って、玉を並べます。

DSC_0111
黒いキャップはパチンとはめるだけです。

DSC_0113
防錆も兼ねてシャフト全体にグリスを塗ったくります。
玉押しやワッシャ、ナットにもグリスを塗っておきます。
で、そろっとシャフトを通します。

さて、玉当りの調整です。

DSC_0116
反対側の玉押しを玉までねじ込んだら、シャフトを回してグリスをなじませながら
ガタがなくてスムーズに回るポイントを探りながら玉押しの位置を調整します。

DSC_0118
舌付きワッシャやスペーサーを入れて、ロックナットを締め付けたら、回転を確認。
ガタが全く無くて、かつスムーズに回るポイントがアタリ。
大抵は一発じゃ決まんないので、納得がいくまでやります。
さらにグリスがなじむまで、しばらくシャフトをグリグリしてから再度確認します。

玉当りの調整はカップ&コーン式ベアリングの共通項。
ペダルやヘッド、BBなんかも「納得がいくまでやる」という基本は同じです。

前後とも組み上げたら、きれいなウエスで全体を拭いて全行程完了!

DSC_0133
DSC_0135
仕上がり上々!
文句無し!
いずれこれでホイールを組みたいと思います。

ハブのメンテナンスができれば、自転車はずいぶん長持ちしますよ。
まだご自分でされたことが無い方もトライしてみてはいかがですか?

では。

サイクルスポーツ 昭和52年増刊「自転車の整備と修理」

実家に帰省した際、とんでもなつかしい本を見つけました。

サイクルスポーツ 昭和52年11月号臨時増刊
「自転車の整備と修理」

DSC_0001
DSC_0002
昭和52年って、1977年。37年前かー。
当時、私自身が購入したものです。すっかり存在を忘れていましたが。

37年前といやぁ、私もまだ十代の、容姿端麗で品行方正な少年、いや小僧でしたが、
生意気にも、すでにチューブラータイヤを履いたロードレーサーに乗っていました。
もちろん新車で買えるわけはなく、知り合いから安く譲ってもらった中古でしたが。
自転車のメンテナンスに目覚めたのもこの頃ですね。

さて、37年前のメンテナンス本というのはどんな感じでしょう。
(著作権の問題もあるのでさらっと紹介します)

DSC_0004
目次です。すでになにやらマニアックな匂いがします。

DSC_0006
しょっぱなの12〜13ページ目で、いきなりBBとヘッド!の組み付けが始まります。
そのまま、全てのパーツがバラバラの状態からランドナーを一台組み立てていく
という、あきらかに初心者を排除する展開です。^^;

DSC_0007
その次のページからは、当然のように、ホイール手組みの解説。

DSC_0008
35ページ目では、早くもぱぱっとワイヤー処理をして、完成!
メンテナンスというより、自転車整備士の実技試験みたい。

DSC_0009
フレームの再塗装も解説しています。

メインの「主要パーツの形式別組み立て調整法」という記事では、

DSC_0010
DSC_0011
DSC_0012
シマノ、サンツアー、カンパ、サンプレ、ユーレー、など
いろんなメーカーのなつかしいパーツがたくさん出てきて、分解/組立を解説しています。
これは見ていて楽しいですし、資料的な価値もありそうです。

DSC_0013
チューブラータイヤのパンク修理の説明には、6ページもさいて詳しく解説しています。
チューブラーのパンク修理は「針と糸で縫う」んですけど、
ヘタクソだと、修理箇所の太さが変わったり、縫い目がずれてクネったりするんです。
みんな苦労してました。なので、詳しく書いてあるんですね。

当時、学生の私にとってはチューブラータイヤは高価だったので、
いきつけのショップの店主さんや常連さんから、古タイヤをタダでもらって、
完全にダメになるまで何度も何度もパンク修理をしながら使っていましたよ。

掲載されている広告もなつかしいです。

DSC_0016
DSC_0017
DSC_0019
DSC_0020
ユーラシア、ルマン、ニシキ、シルク。
どのメーカーも、ランドナーやスポルティーフのラインナップがしっかりしています。
自転車は「旅心」をくすぐる、そんな時代でした。

それにしても、こりゃなかなか「濃い」本です。
レストアをする人にはよい資料になりますし、
おじさんサイクリストにとっては酒のつまみにもなります。
八重洲出版さん、これ、電子化しませんか。

ちなみに、この本は販売はしません。個人的な蔵書ってことで。

では。

トマジーニ TOMMASINI Racing 1980s 準備中

お待たせしています トマジーニ TOMMASINI の準備を進めています。

トマジーニは、イタリアでも数少なくなった、フレームを溶接から塗装まで一貫して
イタリアの自社工場で行うハンドメイドメーカーです。
流通量が少ないのは、職人のこだわりを持った物作りをしているからですね。

ちなみに、NHKの番組で火野正平さんが乗っている「チャリオ君」もトマジーニです。
いいのに乗ってるなー。

DSC_0294

DSC_0338

DSC_0337

DSC_0299
このフレームは “Racing” という80年代のモデルで、日本国内ではまず見かけません。
チューブはおそらくコロンバスSL。ヘッドコラム内側にスパイラルが見えます。
深い青のペイントと伝統的なデカールが、イタリアン・ビンテージの雰囲気を醸し出しています。

DSC_0313
特にフォーククラウンのデザインなんかすばらしいです。

DSC_0295
通常使用による傷はそこそこあるのですが、たいてい近似色でタッチアップされていてます。
大きめの傷としては、右側チェーンステイのチェーンリングと重なる部分に、
チェーンと擦れて塗装が剥げた(タッチアップさていますが)痕跡があります。
ヘコミや歪みは見られません。フレームゲージ類で確認しました。ピシッとしてます。
BBやヘッドチューブの内側もきれいです。

さて、このフレームに、ストックパーツ棚からヨサゲなものを選んで、組み付けます。
フレームの持つイタリアン・ビンテージな雰囲気を壊さないように、
やっぱり当時のカンパニョーロをメインに組みたいですね。

DSC_0002
まず、ギヤクランクはカンパレコード。170mm,52x42T。

DSC_0029
BBもちゃんと当時のカンパです。

DSC_0007
変速機はカンパの3点セット。リヤ変速機にはスーパーレコードを奢ります。

DSC_0419

DSC_0418
チタンボルト、いい色してるじゃねーか、へっへっへっ。
(ボルト見ながらニヤニヤしているのはキモイね)

DSC_0062
ハンドルはチネリの CAMPIONE DEL MONDO 66-42。
形状はまさに「丸ハンドル」クラシックです。

DSC_0025
ステムはチネリの 1A、120mm。少し傷があります。

DSC_0050
ハブはサンツアー シュパーブ。
リムはこの時代の定番マビックGP4。希少な旧タイプの赤ラベルです。
古いリムセメントは除去済みです。

DSC_0015
ブレーキ本体はカンパそっくりさん?の吉貝ニューグランコンペ。

DSC_0400
ブレーキレバーはサンツアー シュパーブ。これも良く似てます。^^;
ラバーフードは現行のダイヤコンペを使います。

DSC_0033
ボスフリーはサンツアー ニューウイナー、13〜21Tの6速です。

DSC_0420
シートポストは当時のKALLOY。墨入れ溝付きで時代の雰囲気です。

DSC_0102
サドルはセライタリア Turbo Special の白。
少し使用感はありますが、深い青のフレームに白が似合うでしょう。

DSC_0298
ヘッドパーツはタンゲレビン、このフレームに付いてきた物。鉄がいいね、ピカピカで。
フレームから全部取り外して洗浄、グリスアップ済みです。

DSC_0057
チェーンはシマノCN-HG91。新品です。
8速以下で使える現行品としてはベストチョイスだと思います。

DSC_0058
チューブラータイヤは、ビットリアの STRADA。新品です。
ビットリア RALLY の上位品です。

 

DSC_0424
実は、すでにほぼ組み上がっています。(ペダルは付属しません)
このあと試走して、調整して、バーテープ巻いて、写真をたくさん撮ったら販売開始です。

なお、サイズは、シートチューブ長が約565mm(C-T)、トップが約550mm(C-C)です。

お楽しみに。

デローザ DE ROSA 1980s 組上げ完了!

ほぼ出来上がったので、バーテープを巻く前に(テープ汚すとヤだからね)
動作確認のために試乗しました。

DSC_0036
DSC_0031
DSC_0035
抽象的なインプレッションを長々書くのは控えますが、
巷で語られるクロモリフレームの良さが、全て味わえます。
こりゃたまらん。
この時代のデローザの人気が高い理由が、あらためてよく分かりました。
DURA-ACE 7400系も新品かのようにバッチリ機能しています。

バーテープの色はイエローの予定。
巻いてから写真をたくさん撮ったら、販売開始です。
写真撮影は辻堂海浜公園などでロケなので、天気がよくないと困るんだけどなぁ。

 

試乗ついでに海の様子も見てきましょう。

DSC_0027
今日は日曜日とあって、湘南海岸公園あたりはもはや結構なにぎわい。
まだ海開きしてないけど、待ちきれない人たち。

DSC_0019
DSC_0014
江ノ電鎌倉高校前駅。 テレビや映画のロケでよく使われるところです。

DSC_0021
DSC_0022
なにしろホームから海が一望出来るところが魅力ですね。
存外天気がよくなってきました。空が映って海がきれい。

DSC_0018
駅の横の坂道から見下ろす、このカットもドラマ等で見たことありませんか?

このデローザにもっと乗っていたかったのですけど、
大切な商品ですからね…このへんで帰りました。

なお、価格は…20万円台後半の予定です。
お楽しみに!!

デローザ DE ROSA 1980s 組上げ開始!

ここのところ何かと立て込んでいて作業が滞っていましたが、
入荷済みだった赤いデローザのフレームにパーツを組みます。

DSC_0278
DSC_0280
改めて紹介しますと、
フレームは80年代のもので、チューブはコロンバスSLX。
デローザ特有の菱形断面チェーンステイが走りを期待させます。
チェーンステイやシートステイのいわゆる「立てかけ傷」など、
通常使用に伴う小傷がそれなりにありますが、近似色でタッチアップされています。
もちろんヘコミや歪みは見られません。

さて、パーツ構成をどうするか。
カンパの SuperRecord でも C-Record でも似合うフレームですが、
あまり高価な物になってしまうと(私のような庶民の感覚では)気軽に乗れなくなっちゃうので、
名品「DURA-ACE 7400系」でコストパフォーマンスよくまとめてみたいと思います。

7400系デュラはマイナーチェンジしながら10年以上も作られた超ロングセラーで、
互換性を理解して正しく組めば、とても信頼性の高い優れたコンポーネントです。
そして、7400系は歴代デュラエースの中でも、ピカイチの機能美だと思います。

ということで、ストックパーツの棚から、ヨサゲな物をピックアップしました。

DSC_0346
私、基本的にはキチョウメンなほうなので(自分で言うか)、
パーツは整備を済ませてから、個別に袋や箱に入れて保管しています。

DSC_0348
まず、自転車の顔とも言えるギヤクランクはこれ。170mm,51x42T。

DSC_0350
変速機は7速対応です。
Wレバーの「カキカキ」いう音も、私は嫌いじゃないです。

DSC_0352
DSC_0355
ハブとスプロケット。 13〜25Tの7速です。
クロス過ぎない使いやすいギヤ構成だと思います。

DSC_0358
BBもちゃんと7400です。
7400のイタリア規格のものは入手しにくくなってきました。

DSC_0354
リムは WOLBER の SUPER CHAMPION ASPIN。チューブラーです。
古いリムセメントも除去済みなので、タイヤはテープで接着します。

DSC_0359
ステムは 3ttt の”DE ROSA” 刻印入り!。110mm。
ハンドルは CINELLI の GIRO D’ITALIA 64-40。定番です。

DSC_0361
ブレーキは7400のセット、ワイヤーが上方へ出るタイプです。
レバーフードに少し劣化がありますが、入手困難なのでこのまま使うことにします。

ちなみに、レバーフードがいよいよダメになったら、
ダイヤコンペの現行品で代用している方、結構多いと思います。

DSC_0371
もちろん完全にはフィットしませんけど。

DSC_0369
7400のレバーに付けると、こんな感じになります。
注意点としては、バーテープは薄手のものを使い、レバー根元には厚く巻かない方がよいです。
テープの厚みでフードが前方にズレて、あまり具合よくないので。

話を戻して、
シートポストは、DURA-ACEが何本もあるのに…

DSC_0363
んー、全部、径が合わない。
Shimano 600 なら径が合うのがあるんですけどね。

DSC_0365
すいません、ここは600で妥協させてください。

DSC_0392
サドルはこれ。Selle Bassano Vuelta イタリア製。
フレームのデカールの黄色とマッチすると思います。少し使用感ありますけど。

DSC_0386
ヘッドパーツは、このフレームに付属していた 600EX を使います。
フレームから全部取り外して洗浄しました。外見もベアリングもきれい。

DSC_0418
チェーンはシマノCN-HG91。新品です。

タイヤはビットリアの STRADA。新品です。
廉価なチューブラータイヤとしてはビットリアの RALLY が流通量が多いですが、
私のおすすめはこの STRADA です。 価格は RALLY より少し高いですが、
それでもコストパフォーマンスは STRADA が上だと思います。

コンディションの良いパーツが揃いました。
組み上げ作業はすでに開始しています。

お楽しみに。

★入荷情報 ホルクス HOLKS 横尾双輪館 1980s

東京上野のスポーツサイクルの老舗、横尾双輪館の ホルクス HOLKS です。

DSC_0238
このフレームは1985年頃に作られた物で、
ラグの美しい造形やフォークの滑らかな曲線など、とても上質な仕上がりです。
東叡社(TOEI) でOEMされた物と思われますが、確認はしていません。

シートチューブ長は約540mm(C-T)、トップチューブは約535mm(C-C)です。

DSC_0205

DSC_0200

DSC_0223

DSC_0225
フレームにはヘコミや歪みは見らず、BBやヘッドチューブ内部もきれいです。

ただし、近くでみると、
塗装のタッチアップが多数あり、塗装の下から細かい錆が広い範囲に出ています。
横尾双輪館さんでは自社フレームの再塗装を引き受けているので、
再塗装に出そうか…とても悩んだのですが、
私の趣味で塗ると、オッサン臭い(加齢臭じゃなくて)色になりそうなので、
新しいオーナーさんにお任せしようと思います。

パーツは、フレームと同時代の DURA-ACE 7400系がメインの構成です。
全体的に、傷や摩耗など使用感はしっかりありますが、
丁寧にメンテナンスしましたので、このままでも気持ちよくお乗りいただけます。

・全てのパーツを取り外して、フレームも各パーツもクリーンナップ。
・ヘッド、BB、ハブ、ボスフリーは分解、洗浄、グリスアップ。
・チェーンホイル、スプロケット、チェーンは洗浄。
・変速機のワイヤーの新品交換。
・ブレーキワイヤーとシューの新品交換。
・各インナーワイヤーの切断端をハンダ付け。
・古いリムセメントを除去。
・古いバーテープと糊も除去、バーテープの新品交換。

バラしたついでに、
BBもヘッドパーツも全て外した状態でフレームの重量を測ってみました。

HOLKS_0008

HOLKS_0007
おー、まずまず軽いじゃないですか。

HOLKS_0004

HOLKS_0001
リヤセンターの芯も問題無し。

HOLKS_0011

HOLKS_0009
エンドの平行性も問題無し。

HOLKS_0013
よいフレームは佇まいも美しいもの。和風美人。
でしょ?

 

ちなみに、私、日本車も大好物です!
日常乗っている「自家用車」も ケルビム CHERUBIM と ナンベイ NAMBEI ですもん。
その CHERUBIM は、36年前、私がまだ学生だった頃に知人から中古で買ったもの。
NAMBEI は、29年前に私がオーダーしたもの。
ちゃんとメンテしてますから、まだまだ元気に走りますよ。
でもこいつらは非売品です。(^^)

★入荷情報 MERCIER フランス製 1970s

1970年代のフランス車 MERCIER(メルシエ)です。

DSC_0016

DSC_0018

MERCIER というブランドは、日本での知名度は低いですが、
とても歴史のあるメーカーで、かつてはツールドフランスなどのレースでも活躍し、
プジョーとともにフランスのサイクルスポーツを牽引してきた存在でした。

この MERCIER はフレームもパーツも傷や錆がとても少なく、お宝発見!です。
これまで室内で大切に保管されていたのでしょう。
淡めのピンクのメタリックに、ラグのエッジにはさりげなく金色のライン。
「女子ウケ」も良さそうな、きれいなカラーリングですが、 MERCIER の伝統色です。

DSC_0038

DSC_0025

パーツは SIMPLEXの変速機、MAFACのブレーキ、MAVICリム、MILLARDフリー、
NORMANDYのハブ、SOLIDAの鉄コッタード、BELLERIのハンドルとステム と、
70年代のフランス車定番の構成です。

メンテナンスの様子を少しご紹介します。
基本的にはパーツをフレームから外して、それぞれを個別にきれいにして、
必要に応じてグリスアップや交換などしてから組み直します。

DSC_0006

DSC_0010

DSC_0012

DSC_0008

DSC_0019

DSC_0024

みんなきれいになりました! フレームも隅々までクリーニング。

フロント変速機は不調だったので、ほぼ同等品のデッドストックと交換。
リヤ変速機のプーリーの歯が1ヶ欠けていたので、このプーリーも新品に交換。
チェーンはフランス製のSEDISが付いていてせっかくキレイにしたのですが、
リヤの変速時にチェーンの掛りがイマイチ悪いので、
いろいろやった結果、チェーンをシマノのUDに交換して解決。

古いチューブラータイヤは廃棄、 リムセメントもキレイに除去しました。
今回はチューブラータイヤに慣れていない方の使用を考慮して、
リムセメントは使わずに、チューブラーテープでタイヤを接着しました。
ワイヤー類、バーテープは新品に交換しました。
インナーワイヤの切断端はハンダでバラケ対策しました。

カジュアルに、実用的に、楽しく乗れる1台に仕上がりました。
セカンドバイクやビンテージの入門にもいかがでしょうか?

なお、フレームサイズは、
シートチューブ約55.5cm(c−t)
トップチューブ約56.5cm(c−c)
です。