80年代の CORAL だの COLNER だの

今回は自転車の話じゃありません。あしからず。

先日、法事のため実家へ帰りまして、
その際、父の遺した音楽CDをたくさん頂戴して来ました。
250枚ほどありそう。


ジャズ、ブルース、ソウル、
レゲエにアフリカン・ワールドミュージックなんかも結構あって、
昭和2年生まれのジイ様の趣味にしてはノリがいい ^^
ありがたく聞かせてもらいますっ!

また
「ついでに、コレも持ってっちゃらんね」
と博多弁で姉が言うので、


よかばい、とスピーカーも持って来てしまった。
コーラル CORAL X-Ⅲ という1982年発売のモデルで、
最近じゃ絶滅危惧種の?ブックシェルフタイプの3way。


80年代はじめ頃といえば、
当店の扱うビンテージバイクでもおなじみの時代ですね。
完成車準備中の COLNER もまさにそう。
自転車もオーディオもすごく面白い時代だと思います。

コーラルというのはスピーカー専門の国内メーカーで、
自作向けに高品質なスピーカーユニットも販売していましたが、
90年代始め頃?に無くなってしまいましたね。
特に私のような「スピーカー自作派」にはとても懐かしいです。


音楽之友社 STEREO誌の 1982年6月号!  では
なんと140種ほどのスピーカーユニットを紹介しています。
フォステクス、コーラル、テクニクス、オンキョー、パイオニア…
昔はスピーカーを自作する人も多かったんです。

さて、この CORAL X-Ⅲ、コンディション抜群です。
劣化しやすいウーファーのエッジも問題なく、
35年ほど前の物とは思えない素晴らしい鳴りっぷり ^^


解像度高く、スピード感もあって、高音もスッと伸びています。
やがて来るデジタルオーディオ時代に向けた音作りでしょうかね。
現代のハイレゾ音源でも全然イケますよ。
個人的な萌えポイントは91.5dB/W/mと高能率なところですね。

それにしても、


Mg-Cu合金のドーム・スコーカーをはじめ、
どのユニットも本格的な作りで専門メーカーの心意気を感じます。
相当コストがかかってるはずですが、定価が一本3万円というのは、
当時としても採算がきびしかったんじゃないかなぁ。

現状では、私の好みの音とは少し違うので、
このユニット使って、エンクロージャやフィルターを設計し直して、
一年くらいは楽しめるな……なんてムズムズしますが、
次男坊が欲しがっているので、このまま譲ることにします。

オーディオも自転車も、一度ハマると簡単には抜け出せない ^^

NISHIKI ニシキのマウンテンにサンツアー

いつもと違う趣のこれ。


カワムラサイクル NISHIKI
のマウンテンバイクで、
30年ほど前の物です。
クロモリフレームの前後サス無し。懐かしいですねぇ。


おじさんは NISHIKI と聞いただけでノスタルジー。


かつてはランドナーからスポルティーフ、ロードまで揃えた
人気ブランドでしたね。(写真は昭和52年の広告)
現在のカワムラサイクルは車椅子などを製造していますよ。

さて、
冒頭のマウンテンバイクは当店の商品ではありません。
ヤフオクに「箱入り未使用車」として出品されていたそうで、
落札された方から「組み立ててください」とのご依頼。
当初、
新車を販売している普通のショップに依頼しようとしたら
「歓迎されなかった」
そうで、
普通じゃない当店 ^^; へ持ち込んで来られたのでした。

箱入り未使用車なら
メーカー出荷時で8割くらい組み立て済みなので、
通常なら「チョチョイ」なはずなのですが、
さすがに30年も放っておかれたものは、
いろんな部分の油がカピカピに固まっていて ^^;
まともに動くようになるまでには結構手間がかかりました。
なぜかネジの欠品などもあったし。

ま、普通のショップなら、嫌がるかな ^^;

せっかくなので観察を。
メインのパーツはサンツアー XCD-6000 です。




マウンテンバイク用パーツには詳しくないのですが、
いかにもサンツアー、な感じがいいです。
アキュシフト(インデックス変速)はもちろんバッチリ決まります。


リアブレーキはアーチワイヤーの無い、
見慣れない構造のセンタープル方式。これも XCD-6000
個人的には、カンティレバーの方が扱いやすくて風情もあるのに
とか思っちゃう。ジジイだからね。


ハブはサンシン製、非シマノ連合のパーツ構成です。
リヤのエンド幅は126mmの6段ボスフリーってのは
当時のロードと同じです。

その他、ペダルは、ハンドルは、とこれまた懐かしい顔ぶれ ^^

オーナーさんはお若いのに


「新しいものより古いものに興味がいっちゃう
んだそう。
マウンテンもいいですが、次はロードレーサーはどうでしょう?
できれば、


こちらのディープな世界へ、イラッシャイマセ ^^

謹んで新年のお祝いを申し上げます

旧年中はご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
本年も倍旧のご贔屓の程よろしくお願いいたします。




恒例の?鵠沼海岸の元旦の御来光です。
今年も穏やかなお正月。


富士山もよく見えました。
初夢に出てくるとよいですね。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。

信州・美ヶ原高原で雪上車にのる

今回は自転車の話じゃありません
あしからず ^^;

先日、
信州長野県の美ヶ原高原、王ヶ頭(おうがとう)
という所に行ってきました。
標高約2000m。




天気にも恵まれ、冬の日本アルプスを見渡す絶景です。
富士山も彼方に見えました。

もちろん、ここまで自転車で走って登って
…なワケありません ^^;
ホテルの送迎バスでしかここへは行けないんです。

今回ここで、雪上車に乗せてもらいました。




こういう特殊車両ってかっこいい ^^
ちょっと年季の入った車体もシブいです。
MOLTENI ORANGE?


今年はまだ雪が少なく、
「キャタピラがかわいそう」
と運転手さん。
柔らかそうなところを選んで走らせていました。


運転席には「Yの字型」に生えた2本の白いレバーが。
運転手さんの操縦を見ていると、
左のレバーを引きつけると左に曲がり、
右のレバーを引きつけると右に曲がる。
ざっくりそんな感じ。
楽しそー、運転してみたい、深雪を爆走したい ^^


キホン、男の子は乗り物メカが好き ^^

さておき、冬の山はいいですなぁ。


夕景がとても綺麗でした。
夜、満天の星空もすばらしかったですよ。
寒いけど。

サイクルモード2017 に行ってきました

日本最大級のスポーツ自転車の展示会、
CYCLE MODE international 2017 を見てきましたので、
ゆるくご報告を。


会場は千葉県の幕張メッセ。
11月5日の日曜日、展示会の最終日です。

入場すると、まずは


メジャーブランドのブースがお出迎え。
展示ブースの場所や規模には、その企業の勢力や意気込みが現れます。


DE ROSA ブースはさすがに立派でセンスがいい。
NeoPRIMATO や TITANIO の金属フレームの展示も充実していました。

PINARELLO ブースにかなりの人だかりが。


おー、クリストファー・フルーム選手のサイン会だぁ。
でも「人混み」と「並ぶ」のが苦手な私はこれ以上近寄らず ^^;

あちらこちらで、
そのスジの有名人らがトークショウなどをやっていたのですが、


全く下調べをしてこなかったので、たいがい見損ねてしまった ^^;

自動車メーカーからも


シックスホイールスタイル(自動車の4輪+自転車の2輪)
の提案として展示がありましたが、
モーターショーのようなコンパニオンさんはいませんでした ^^

大手の展示はいろんなメディアで紹介されるでしょうから
まぁこの程度にしておきます。

サイクルモードの公式サイトを見てもらうとわかると思いますが、
そぉりゃもう自転車に関わる、ありとあらゆる分野の展示があります。
バイクやパーツ、ウエア、用品などのメーカーはもちろん、
全国自治体の観光協会などが
その地域ならではのサイクリングコース、イベントや観光などを
アピールしているブースがかなりたくさんあったのが印象的でした。




すでによく知られているところも、まだこれからってところも、
観光客誘致と地域活性化に頑張ってます。
自転車での旅が楽しくなるような、こういう広がりは大歓迎です。

オイルやクリーナーなどのケミカル商品の WAKO’S が


チェーンやギヤのクリーニングを実演しているところ。
けっこうな集客で、メンテナンスに対する興味の高さがうかがえます。
ただ、実演は3分クッキング的な、かなりチャッチャとしたもの。
(状況的にこれは致し方ないですけど)
それでも、初心者の方にも「自分でメンテナンスやってみようかな」
と思ってもらえるといいですね。

ビンテージバイクでもユーザーの多い三ヶ島 SYLVAN ロードペダルは

PRIME SYLVAN というシリーズが登場し、
ボディがポリッシュされて高級感が上がっていました。
ベアリングも従来品より精度が良くなっているそうです。


SYLVAN NEXT という新シリーズも実物を確認。
メンテフリーのシールドベアリングで、ボディはアルミポリッシュ。
プレートは鉄製の様に見えますが、アルミにメッキとのこと。
ペダルの選択肢が増えたね!

今回、ちょっとニヤッとしたのはこれ。


高級バイクを室内で保管・鑑賞するためのケースだそうです。
究極の床の間バイク ^^; ですね。
いっそのこと、真空状態で永年保存とか、ゾウが踏んでも壊れないとか
そこまでイッちゃって欲しい。

さて、この展示会のウリでもある、最新バイクの試乗も盛況。


ちゃんと試乗できる機会なんてそんなにないですからね。
これが目的で来られる方も多いんでしょう。
でも、ワタシ的には順番待ちの行列に並ぶってのがちょっと…

この展示会には「ヴィンテージBIKEマーケット
というゾーンも(かなり地味にですが)あります。




ここはいわゆる「自転車フリマ」です。他のゾーンと雰囲気が違う。
TOKYO VINTAGE RIDE の出店ブースではマルコさんも接客 ^^

実は、当店も「ここに出店しませんか」と
サイクルモード事務局様から毎度お誘いを受けているんです。
当店を広く知ってもらえるよい機会になる、とは思いつつも、
どうもこの時期は絶妙に都合が合わなくて。
幕張メッセじゃなくてパシフィコ横浜だと近くて助かるんだけどな。

以上、こんなところで。

ビチやぎさんからお手紙ついた?

以前からたまに問題になっていたことなのですが…

現在、当店ではEメールに Google の Gmail を利用しています。
このサイトの「お問い合わせフォーム」からのお問い合わせも、
Gmail で受信して、Gmail から返信をしています。

ただ、お客様側の設定や環境によっては、
Gmailからの受信をしない・できないようになっている事もありますね。
返信後にこちらにエラーメールが帰ってくる場合は、
別のアドレスから再送信などできるのですが、
そうでない場合は「ちゃんと届いたかなぁ…」と心配になります。

お問い合わせに対して(迷惑メールなどでなければ)
返信しないという事はまずありませんので
もし「返事がこない」という心当たりのある方は、
その旨、お手数ですがご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

エロイカおじさんご来店

お得意様のKさんとそのご友人が、遊びに来てくださいました。


わぁお!
バイクは COLNAGO, MASI, ROSSIN と名車揃い。
ウェアもバッチリ決めて、
みなさん、まさに
筋金入りのエロイカおじさん
楽しんでますねぇ、いいですねぇ

しばし、ビンテージバイク談義。
COLNAGO MEXICO と SUPER の違い見分け方とか、
濃いめのテーマで盛り上がりました ^^

このあと
葉山方面へ軽く走って、江ノ島で食事をされたそうです。
またあそびにきてくださいね。

 

ミヤタサイクルのフレーム工房を訪問

ちょっとしたご縁があって、
地元の神奈川県辻堂にある株式会社ミヤタサイクルを訪問、
高級スチールフレームを専門に製作している工房を見学することができました。

ミヤタといえば、


1970年代後半にはオランダの高級車メーカーKOGA社にもフレームを供給するようになり、1980年のツール・ド・フランスでは CAPRISONNE-KOGA miyata チームがミヤタ製のフレームを使用。
翌年のツールではチームのエース Peter Winnen が山岳第ステージ区間優勝、総合5位、さらにマイヨ・ブラン(新人賞)を獲得する活躍を遂げ、本場ヨーロッパで認められたブランドになりました。
当時のトップモデル FULL PRO の、オーダー車のような手の込んだ作りは印象的でしたね。

今回の「ご縁」というのは、
かつてミヤタでフレーム製作治具や生産設備の開発をされていた
機械設計技師の二宮氏(すばらしいアイデアと技術力の方)と、
ひょんなことから知り合い、
氏のご好意により工房にお邪魔することができた、という事なんです。

その工房は、
かつてはミヤタの自転車を一貫生産していた、大きな工場だった建物の一角にありました。



今回お会いしたのはミヤタサイクルの鈴木氏(左)と遠山氏。
お二人ともこの道一筋の、まさにベテランの風格です。
でもとても気さくにお話をしてくださいました。

長年大切に使われてきた治具や工作機械にも迫力を感じます。
フレーム製作専用の特殊な治具はもちろん全てミヤタオリジナルで、
私をここへ連れてきてくださった二宮氏の作。
「ノウハウいっぱいの社外秘」
との事なので、写真は撮りませんでしたが、
正確な寸法や角度が出せるよう、経験に基づいた独自の工夫が盛り込まれています。もはやお宝、見ることができて感動です。
これだけでも、精度の高いフレームを作るんだという情熱を感じました。

この日は、
ろう付けが全て終わったフレームのフラックスを落とし、



地肌に磨きをかける作業をしておられました。
写真はまだ作業を始めたばかりの状態ですが、
目立たない部分にも、とても丁寧にヤスリをかけていました。
これからすっごい綺麗になるんだろうな。
私のフレームじゃないんですが、なんかすごく嬉しいです ^^

ビルダーの鈴木氏は手を動かしながら、
品質への絶対的な自信と、美しい自転車作りへの矜持を
静かに、しかし熱く、語っておられました。
まさに匠。かっこいいです。
引き継がれていくべき技術やもの作りのスピリットが、
ここにありますね。

あやうく私物を1台お願いしそうになりますが、
事業上の事情があり、現在は受注を止めているとのことです。
(この辺の内部事情については書くのを控えます)
うううう〜ん。

長い時間お邪魔してしまい、
貴重なお話もたくさん聞かせていただきました。
たいへん有難うございました!

ビンテージロードバイク10〜15%OFF!

自転車乗りには嬉しい季節になってきましたね!
美しいビンテージロードバイクで春ライドを満喫しませんか?
4月20日までの期間限定で10〜15%OFFセールを開催します!

DE ROSA, ROSSIN, TOMMASINI, GIANNI MOTTA, PINARELLO
など一級品のビンテージをご用意しています。
この機会をお見逃しなく!!


TOMMASINI Prestige 1980s
¥378,000 → ¥339,000


TOMMASINI Super Prestige 1980s
¥368,000 → ¥329,000


GIANNI MOTTA PERSONAL 1981
¥388,000 → ¥349,000


DE ROSA PRIMATO 1994
¥378,000 → ¥339,000


PINARELLO TREVISO 1981
¥388,000 → ¥349,000


ROSSIN RECORD 1981
¥368,000 → ¥329,000


OLMO Competition 1970s
¥278,000 → ¥236,000

詳細は商品ページをご覧ください。

もちろん実車の確認も大歓迎です!
気軽にご連絡ください。

次男坊、無事帰国しました

一年間ニュージーランドで暮らしていた次男坊が
無事帰国しました。

3週間のツーリング&トレッキングを終え、
そのまま飛行機に乗ってきたので、
相当キタナイだろうなとは覚悟していましたが…
予想を超えていました ^^;

いろんな国の友人もできたようですし、
英語もペラペラ完璧ネイティブになったはずなので、
大学サボって行った甲斐はあったんじゃないでしょうか。

で、荷物もちゃんと片付けてないくせに、
「あさってから北海道へ行ってテント泊する」
とか言ってる。
なんじゃそりゃ。
寒くて「眠ったら死ぬぞ」ってやつになるんじゃないの?

とりあえず
ツーリング中に撮った写真をもらったので貼っておきます。
写真のキャプションは本人によるものです。

ニュージーランドを旅している彼は…

先日、
ウチの次男坊がニュージランドで自転車旅をしている
という話を書きましたが、
その後…

なにも連絡はきていません。
お父さんは心配で心配で夜も眠れず、痩せてきちゃったよぉ

…ということはなくて

大学の自転車部の掲示板に
頻繁に状況を書き込んでいるので、
無事で楽しんでいるのは分かっています。

それによると、
旅の途中で出会う人たちが
・黒衣の美女
・工務店のおじいちゃん
・ゴリゴリマッチョお兄さん
・スウェーデンのアウトドア超人
など、
魅力的なキャラばかり。

いいなぁ
やっぱり、日本国内で走ってるのとはちょっと違うみたい。

2日ほど前にはクイーンズタウンに到着しており、
自転車を一旦降りて、
2泊3日のケプラートラックでのトレッキングの最中だと思います。
どうやらこれがこの旅のメインイベントみたいです。

ケプラートラック、ネットで調べたら国立公園で世界遺産。
相当楽しそうなところ。
ちくしょー