Campagnolo C-RECORD 初代エルゴパワー

今回のネタは

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
カンパニョーロ C-RECORD、93年頃の8速対応エルゴパワーです。
エルゴパワーとしては第一世代になると思います。

当時、手元シフトに関しては、シマノのSTIがかなり先行していました。
が…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
デカくて、重くて、このカタチはなんとも…。
いずれ、カンパが、すばらしくカッコいいのを出してくるはず、
と信じて、手を出しませんでした。

で、待望のというか、やっと出来たとねー、というのがこのエルゴです。
機構の違いや使い勝手はともかく、
さすがに「ブレーキレバーらしい形」にしてきたなぁと思いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
名前の由来はエルゴノミクス(人間工学)。

それでもやはり、ゴツくて、重い。
まぁ、まだ初期型ですしね。勘弁して上げましょう。

実物があるうちに重量を測ってみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スーパーレコードのブレーキレバーとシフトレバーの合計で  254g。
初期型エルゴパワーとダウンチューブのアウター受けの合計で 545g。
うーむ。

そんな私も、現在3台ある自家用車のうち1台にはSTIを使っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
7800 デュラエースです。
やっぱ便利ですよね、これ。
でも、実は、いまだにカッコイイと思ったことはない、です。^^;

DSC_0308
Super RECORD です。
これが美しいのだ、これでいいのだ
と、幼い頃から?刷り込まれてきた私の脳には、もはや柔軟性はありません。
三つ子の魂なんとかってやつですね。
これはもう、しょうがない。^^;

では